PageTop
BLOGブログ

反り腰を治したい時の行き先ガイド【整骨院から整形外科まで】

[腰痛]

2019.6.18

整骨院で反り腰の悩みを聞いてもらっている女性
病院(整形外科)や整骨院、接骨院・整体、カイロプラクティックなど体を治療する施設の種類が多くて、どこに通うのが最適なのか悩んだ経験はありませんか?
今回は「どうにか反り腰を治したいんだけど、結局どこに通院すればいいの?」という方のために、それぞれの治療機関の特徴をや反り腰の治療内容をまとめましたので是非参考にしください。

反り腰ってどんな症状?

反り腰とは具体的にどういう症状なのかを理解しておくと、治療機関選びが楽になるでしょう。

そこでまずは反り腰の症状や原因と、反り腰が治るまでの治療期間の目安について紹介します。

反り腰とは?

反り腰とは、本来は緩やかに前湾している腰部分の脊柱が強く前湾し、腰が大きく反り返った不良姿勢の事です。

反り腰の主な原因

  • 普段の姿勢の悪さによる骨盤の前傾
  • 腹筋(腹直筋)などの姿勢維持に必要な筋肉の衰え
  • 骨盤の中の筋肉(腸腰筋)や前ももの(筋肉大腿直筋)の柔軟性の不足
  • ハイヒールや妊娠など前重心になりがちな生活習慣

反り腰の主な症状として挙げられるのが、腰痛や下半身太り、下腹部の張り出し。
反り腰になるとお腹が前方に張り出して重心がつま先寄りになってしまい、前のめりになる体のバランスをとろうと腰や前もも、ふくらはぎに大きな負荷がかかってしまいます。

猫背には普段から気をつけているのに、どうも腰がつらいという方は反り腰が原因かもしれません。

自分の姿勢を簡単にチェックする方法も紹介しておきますので、自分が本当に反り腰なのかわからないという方は試してみてください。

どのくらいで治る?

反り腰が完治するまでの目安は2ヶ月〜1年程度です。

反り腰は人によって症状の重さに違いがあるので、治るまでの期間も症状や通院できる回数などによって変わってきます。軽い反り腰であれば筋肉治療や姿勢改善で2ヶ月程度で改善可能ですが、背骨自体が大きく変形してしまっている場合など症状が重い場合は1年以上かかることもあるでしょう。

反り腰を治したいときは何処にいけばいい?

反り腰改善のために専門家を頼りたい場合は、どの治療機関に行くのが最適なのでしょうか。
整形外科、整骨院、整体院(カイロプラクティック)についてそれぞれの特徴や治療内容を紹介していきます。

整形外科

すでに腰や背中などに我慢できない強い痛みがあるという場合は、早急に整形外科で検査を受けるのがベストでしょう。
痛みの原因が反り腰ではなく、椎間板ヘルニアや膵臓がんなど深刻な疾患の可能性があるためです。

整形外科ではレントゲンやMRIといった画像診断を用いて、椎間板ヘルニアやぎっくり腰などの「急性腰痛」の原因をはっきりと特定することができます。

また整形外科では医師免許をもった医師が診察にあたるので、治療機関の中で唯一症状の確定診断ができるのも大きな特徴です。

一方で猫背や反り腰などの不良姿勢によってじわじわとした痛みが長期間続くような「慢性腰痛」は、レントゲンやMRI検査、血液検査でも異常がみつからず医師でも原因不明とされることが多いです。
また整形外科であっても、慢性的な腰痛の治療には健康保険も適用されません。

姿勢の問題だけではなく、強い痛みも伴っている場合はまず整形外科で検査を受けましょう。

反り腰からくる腰痛や肩こりや筋肉ほぐしの治療は整骨院

整骨院は、柔道整復師という国家資格を持つ者が治療を行なってくれる治療機関です。
院によっては柔道整復師だけではなく、「鍼(はり)師」「灸(きゅう)師」「あん摩マッサージ指圧師」といった国家資格を持つ者も在籍していることがあり、体の不調を幅広い専門知識をもった先生が治療してくれます。

「接骨院」や「ほねつぎ」という表記を見かけることも多いですが、これらは表記が違うだけで整骨院と同じです。

整骨院で受けられる反り腰治療

  • 筋肉の凝り固まりをほぐす筋肉マッサージ治療
  • 骨盤や背骨の歪みを矯正する骨格矯正
  • 神経痛や自律神経の乱れを治す鍼灸治療
  • 正しい姿勢維持のためのインナーマッスルを鍛える電気治療(EMS)

整形外科は腰痛などの異常がでている部分だけにアプローチするのですが、整骨院は少し違います。

整骨院ではそもそも反り腰を引き起こしている骨盤の歪みなどの原因にアプローチして、「反り腰が再発しない体」を作っていく予防的な治療もうけることができます。

深刻な痛みはないが悪い姿勢を治したい方や、慢性的な腰や肩、背中のコリがつらい方はまず整骨院に相談するのが良いでしょう。

整体・カイロプラクティック等

整体院やカイロプラクティックは整骨院と混同されることが多いですが、実は法律で明確に区別されています。
両者の一番の違いは、施術に当たる者の国家資格の有無です。

整体院やカイロプラクティックが無資格でも開院できるのに対して、整骨院やほねつぎの名称で開院することは3年間専門の学校に通い、かつ国家試験を合格した者にしか認められていません。

そのため整体院やカイロプラクティックは、お店によって治療技術のばらつきが大きい現状があります。

治療内容や経営のポリシーに関してもお店によって様々なので、治療を担当してくれる方との相性が大切になってきます。

なかには国家資格者が在籍している整体院もありますので、個人的に信頼できる先生がいる場合は決して悪い選択肢ではありません。

こういうときには整骨院がおすすめ

整形外科で診断を受けて症状が確定した後は、症状に応じて通院しやすい治療機関を選ぶと良いでしょう。

整形外科だと保険が効くからという理由で整形外科を選ぶ方がおられます。しかし日常生活の中で発生した原因がはっきりとしない慢性的な腰痛の治療の場合は、整形外科でも健康保険は効きません。

また整形外科の治療では一時的に痛みを抑える鎮痛剤を処方される事が多いので、腰痛の原因を根本から治療して腰痛が再発しない体づくりをしていきたい場合は整骨院がおすすめです。

腰や肩、背中に神経痛がある場合は、整形外科で処方されるロキソニンなどの痛み止め(非ステロイド消炎鎮痛薬)では痛みが緩和されない事があります。

整形外科に通院中でも痛みがあり日常生活がつらい時は、整骨院で痛みを緩和する治療をうけることで日常生活がグッと楽になりますよ。

整骨院での反り腰治療に保険は適用される?

反り腰治療を整骨院で受けようと思ってしている方は、健康保険が効くのかという点が気になるのではないでしょうか?

実は反り腰になった原因や症状によって保険が効くかどうかは変わってきます。

整骨院では、原則として「原因がはっきりした、急な痛み」の治療に保険が適用されます。
ご自身の症状に健康保険が適応されるかどうかは、詳しくはお近くの整骨院に相談してみるのが一番確実でしょう。

整骨院選びをおろそかにしてしまうと、健康保険が効くはずの症状なのに自己負担になってしまったという事に繋がりかねません。
一番重要なのは、「しっかりと反り腰になった原因や症状のヒアリングをしてくれる整骨院」を選ぶ事です。

ぷらす整骨院での反り腰のアプローチ方法

私どもぷらす整骨院ではまずしっかりとヒアリングを行い、患者様の反り腰の原因や症状の正確な把握に努めますので、気になることは何でもご相談ください。

その後、骨格矯正や筋肉治療などお一人お一人に合わせた治療プランや費用のご説明を行い、患者様に安心して治療を受けて頂きます。

反り腰のお悩みで専門家に頼りたい時は、お近くのぷらす整骨院へお気軽にご来院ください。

まとめ

反り腰を治したい時に何処に行けばいいかわからない人に参考にしていただける、治療施設別の特徴を紹介しました。

腰に激しい痛みがあり日常生活に支障をきたすような場合は、膵臓がんなど深刻な病気の可能性もありますのでまず整形外科での診察を受けることをおすすめします。

姿勢をなんとか治したいとお悩みの方や、反り腰からくる肩や腰のコリがつらい方は整骨院で施術をうけるとよいでしょう。