PageTop
大阪・東京・横浜・神戸・広島のぷらす鍼灸整骨院

columnお悩み解決コラム

【反り腰かも?と思ったら】反り腰を改善する4つの歩き方の工夫!

正しい姿勢

公開日:2022.6.15 / 最終更新日:2022.6.15

反り腰はどちらかというと女性に多く見られる不良姿勢の1タイプで、見た目太りや不調を引き起こすことで知られています。

こちらのページでは、反り腰を改善する4つの歩き方の工夫をご紹介しています。

反り腰を整骨院で治したい方は、こちらの記事も併せて見てみてくださいね。

①反り腰は歩き方で改善できる?

反り腰はその名の通り、必要以上に胸を張り、腰を反らした姿勢を意味します。

病気ではなく普段の生活習慣がもたらすものなので、歩き方を工夫することで、反り腰の改善につなげることが可能です。

歩き方に加え、ストレッチなどを合わせることでさらに改善効率が高まります。

②反り腰を改善する4つの歩き方の工夫

  • 歩くときに胸を張る意識を持ちすぎると、かえって反り腰になりやすいため注意が必要
  • 腕を後ろに大きく振ることで、上半身をまっすぐに保ちやすくなる
  • いつもより大股気味に歩くと、反り腰の改善につながりやすい
  • かかとから地面に着き、つま先でしっかりと地面を蹴る

それでは今回のメインテーマでもある、反り腰を改善する4つの歩き方の工夫をご紹介します。

胸を反らしすぎない

反り腰を改善するためには、歩くときに胸を反らしすぎないことが重要です。

よい姿勢で歩こうと考える方の中には、無意識に胸を反らしすぎている方が少なくありません。

実は、胸を張ろうという意識によって、反り腰を招いているケースも多いのです。

胸を張るのではなく、骨盤をフラットな位置にするのを意識すると、自然といい姿勢になりやすいでしょう。

胸を張った姿勢イコールよい姿勢ではありません。

腕を後ろに大きく振る

ウォーキングのときに「腕を大きく振るように」指導されることがあります。

ただ、前にばかり大きく腕を振っていると、自然と上半身が反ってしまいます

反り腰を改善する場合、腕を後に大きく振るよう意識しましょう。

腕を後ろに大きく振ることで、上半身をまっすぐ起こせるようになります。

いつもより大股気味に歩く

反り腰を改善する場合、いつもより少しだけで構わないので、大股気味に歩くよう意識しましょう。

陸上の短距離選手の上半身は、まっすぐにピンと伸びていますよね。

足を大きく開くことで、自然と上半身はまっすぐに伸びるものです。

大股すぎるとバランスが崩れるので、ほんの数センチメートルで大丈夫です。

かかとから着いてつま先で押し出すイメージ

反り腰を改善するのであれば、かかとから地面に着いて、つま先で押し出すイメージで歩きましょう。

そのように意識することで大股で歩きやすくなりますし、上半身をしっかりと起こすことにつながります。

颯爽と歩けば気分がいいものですし、若々しく見られますよ。

歩き方のポイントは以下の動画でもご紹介しています。併せてごらんくださいね。

③反り腰の歩き方で身体に起こるデメリット

  • 反り腰で歩いていると腰痛が出やすくなる
  • 歩いていて疲れやすい
  • ひざへの負担を増す結果となる
  • お尻やお腹が出て見えることにつながる

ここまで反り腰を改善する歩き方についてご紹介してきましたが、反り腰の歩き方を続けていた場合、どのようなデメリットがあるか見ていきましょう。

腰痛が出やすくなる

反り腰の歩き方を続けるデメリットとして、腰痛を発症しやすくなることが挙げられます。

反り腰の姿勢自体が腰に負担をかけるものですが、歩行時の動揺が加わることで、さらに腰痛の発症リスクを高めます

反り腰は腰痛の大敵だと覚えておきましょう。

疲れやすくなる

反り腰の姿勢で歩いていると、普通に歩く場合と比べ、身体に無駄な力が入ります

そのため、反り腰の歩き方を続けることで、疲れやすくなるといったデメリットも生じます。

歩くときは、上半身に無駄な力が入っていない状態を目指しましょう。

ひざに負担がかかる

反り腰の姿勢で歩いていると、通常より太ももの前側に筋緊張が生じやすくなります。

太ももの前側の筋肉が硬くなると、膝蓋骨(しつがいこつ・ひざのお皿)が引っ張られ、膝の痛みを生じやすくなります

健康目的のウォーキングで膝が痛くなっては本末転倒と言えます。

お腹やお尻が出て見える

反り腰の姿勢で歩いていると、下腹部やお尻が出て見えるようになります。

とくに筋力の弱い女性に、そのような傾向が多く見受けられます。

体重が変わらないのに太く見えるのは、反り腰が原因かもしれません。

反り腰と下半身太りとの関係について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

④歩き方以外の反り腰改善法

  • ストレッチで反り腰を引き起こす筋緊張を緩和することが重要
  • ハムストリングスを使うと、反り腰の姿勢改善につながる
  • デスクワークの方は座り方を見直すことも必要である

反り腰が気になる方は歩き方以外に、次のような取り組みもおこなってみましょう。

ストレッチ

反り腰の方の多くに、大腰筋(だいようきん)の緊張が見られます。

大腰筋が硬くなると、骨盤が前に傾くため、普段から大腰筋をストレッチすることが重要です。

  1. 足を大きく前後に開いて立つ
  2. 両ひざを曲げながら上半身をまっすぐ下におろす
  3. 前の太ももが床と平行になったら30秒キープする
  4. 反対側も同様におこなう
上半身を下ろす際、前後左右に傾かないよう気を付けましょう。

ハムストリングスのエクササイズ

ハムストリングスを適度に使うと、骨盤の傾きを補正する効果が期待できます。

  1. 壁に向かって(くっついて)立つ
  2. ひざを壁にあてたまま、右ひざを曲げて足をお尻の方に近づける
  3. 5回おこなったら、反対側も同様におこなう
もも裏をつる可能性があるため、最初は少しずつ足を上げていきましょう。

座り方を見直す

反り腰を根本から改善するためには、普段の座り方を見直すことも重要です。

椅子に座るときは深く腰かけ、骨盤を起こすイメージで上半身をまっすぐに伸ばしましょう

背中の後にクッションを入れるのもおすすめです。

⑤反り腰が治らない方はぷらす鍼灸整骨院にお任せください!

骨盤矯正

  • ぷらす鍼灸整骨院では、反り腰の原因となる筋緊張を施術で取り除いている
  • 骨格バランスを整えることで、姿勢の戻りを最小限に抑えている
  • 骨格に関するプロ集団なので安心して施術が受けられる

ぷらす鍼灸整骨院では、反り腰の改善にも取り組んでいます。当院がおすすめの理由と合わせてご紹介します。

ぷらす鍼灸整骨院での反り腰改善法について

ぷらす鍼灸整骨院では、独自の筋膜リリースの施術で、反り腰の原因となる筋緊張をソフトに取り除いていきます。

併せて骨格矯正を行い、施術の戻りを最小限度に抑えていきます

反り腰の根本改善には、筋肉と骨格の両方にアプローチする必要があります。

ぷらす鍼灸整骨院がおすすめの理由

ぷらす鍼灸整骨院では、骨格に関するプロフェッショナルが施術にあたっています。

そのため、女性やお子さまでも安心して施術が受けられます。

ボキボキするような痛い施術はおこなっていませんので、ご安心くださいね。

まとめ

反り腰の歩き方を続けていると、見た目がよくないだけでなく、腰痛や膝痛といったトラブルの元になりかねません。

そのため、なるべく早めに歩き方を改善することが重要です。

自分では対応できないという方は、ぷらす鍼灸整骨院までお気軽にご相談くださいね。

こちらの記事では、O脚を治す歩き方についてご紹介しています。併せてご覧ください。

この記事を監修してくれた先生

髙山 智仁先生

東京医療福祉専門学校 鍼灸科学科長・キャリアセンター長
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師

「患者様の立場になって考える」ことをモットーに、東洋医学・鍼灸の視点から本当の健康を追求し続けている。
現在は教員として、次世代を担う鍼灸師の育成にも取り組んでいる。

     

出店物件募集

          ぷらす鍼灸整骨院ではさらなる店舗拡大のため出店可能物件を募集しております。
           詳しくはこちらから >>