PageTop
大阪・東京・横浜・神戸・広島のぷらす鍼灸整骨院
キャンペーンバナー キャンペーンバナー

columnお悩み解決コラム

がに股・O脚矯正を治すなら整骨院へ!実際の矯正内容をご紹介します

O脚・X脚

公開日:2021.2.10 / 最終更新日:2021.3.5

がに股になると見た目が良くないことはもちろん、腰痛などの健康上のリスクを増してしまいます。そうはいっても、自分では中々がに股が改善できないという方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、整骨院でのがに股矯正法やそのメリット、がに股になる原因などについて詳しく解説します。

がに股を治したい方におすすめの歩き方や、トレーニング方法についいては、こちらの記事で詳しく解説しています。

①整骨院でのがに股・O脚矯正で期待できる6つの効果


O脚やがに股の矯正法について解説する前に、そもそもO脚やがに股を矯正することによって、どのような効果が期待できるのかについて見ていきたいと思います。

脚のラインがキレイになる

O脚やがに股になってしまうと、脚のラインが崩れて見た目が悪くなってしまいます。

また、そのような状態が続くことで偏った筋肉の使い方になり、実際よりも足が太く見えるリスクも増します。

O脚やがに股を矯正することで、すらっとまっすぐに伸びた脚のラインを手に入れることが期待できます。

ヒップアップにつながる

厳密にいうと、O脚とがに股は似て非なるものなのですが、その一番の違いとしてよくあげられることが、お尻が垂れるかどうかです。

詳しくは後程解説しますが、O脚になる方の多くに骨盤の後方への傾きがみられ、その結果、お尻が垂れて見えてしまうのです。

O脚を矯正することで、ヒップアップにつなげることが可能です。

姿勢が良くなる

O脚やがに股になると下半身のバランスが崩れ、その影響で全身のバランス状態が悪化し、姿勢が悪くなってしまいます。

特に骨盤が後傾するO脚の場合、猫背になるリスクが増してしまいます。

O脚を矯正することで、姿勢が良くなることにもつながります。

下半身のむくみや冷えが改善される

O脚やがに股の多くは、筋肉の緊張によってもたらされます。そのため、O脚やがに股を矯正するためには、硬くなった筋肉を柔軟にする必要があります。

筋肉が硬くなると、血管が圧迫されるため、下半身のむくみや冷えを誘発することにつながります。

O脚やがに股を矯正する際に硬くなった筋肉を緩めることで、下半身のむくみや冷えの改善につなげることも期待できます。

筋緊張ではなく骨自体が変形してしまったO脚やがに股に関しては、残念ながら矯正の対象外となります。

腰痛や坐骨神経痛の改善にもつながる

O脚やがに股の状態で日常生活を送っていると、臀部(お尻)の筋肉が硬くなりやすく、結果として腰痛や坐骨神経痛を発症することも少なくありません。

また、O脚やがに股になると股関節への負担が増し、やはり腰痛のリスクを増します。

O脚やがに股の矯正をおこなうことで、腰痛や坐骨神経痛を改善することも期待できます。

腰痛の多くは腰以外の場所が原因となって起こります。

腰痛とO脚との意外な関係についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、O脚に加えて腰痛もお持ちの方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

便秘の解消も期待できる

O脚になっている方の多くに、腸腰筋(ちょうようきん)の筋緊張がみられます。

腸腰筋はお腹側にある腰の筋肉で、その名の通り筋膜を介して腸とつながっています

つまり、腸腰筋が硬くなると、腸も硬くなってしまうわけです。その結果、便秘につながることも少なくありません。

O脚やがに股の矯正をおこなう時に腸腰筋も緩めることで、便秘の解消も期待できます

腸には全身の70%もの免疫細胞が集まっているので、腸の状態が健康を左右するともいえます。

②がに股とO脚の違い

O脚とがに股はしばしば同じようなものとして扱われますが、厳密にいうとちょっとした違いがあります。

O脚の場合、膝頭が内側を向いているのに対し、がに股の場合は膝頭が外側を向いています

また、O脚が骨盤の歪みなど普段の姿勢に由来するのに対し、がに股は歩き方に由来することが多いです。

O脚の原因についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、O脚が気になる方はチェックしてみてください。

③ぷらす鍼灸整骨院でのがに股・O脚矯正法


ぷらす鍼灸整骨院ではケガに対する施術はもちろんのこと、O脚やがに股の改善にも取り組んでいます。そこで、当院におけるO脚やがに股の矯正法についてご紹介します。

骨盤のバランスを整える

O脚の多くが骨盤の歪みにともなって起こります。特にデスクワークなどで骨盤が後ろに傾くと、股関節が外旋(外側に回旋すること)してしまい、O脚のリスクを高めます

そこで、ぷらす鍼灸整骨院では身体の土台となる骨盤のバランスを整え、O脚になる根本的な原因を取り除いていきます

骨盤のバランスを整える施術によって、O脚だけでなく腰痛や肩こりの改善も期待できます。

下肢の筋緊張を緩和する

O脚やがに股になっている人の多くに、下肢(足のこと)の筋緊張がみられます。

特に太ももの外側の筋肉が硬くなることで、太ももが外側へと引っ張られ、O脚やがに股のリスクを増します

また、足が外側に引っ張られることで、実際よりも足が太く見えるリスクも増してしまいます。

下肢の筋緊張を緩和することで、脚のラインをキレイに見せることも期待できます。

股関節の可動域を広げる

股関節は肩関節と並んで大きな動きのある関節ですが、股関節の可動域が狭くなることで、腸腰筋をうまく使えなくなります。

筋肉は使いすぎても硬くなりますが、使わないことでも硬くなります。つまり、股関節の可動域が減少することで、腸腰筋が硬くなり、股関節の外旋を招いてしまうのです。

股関節の可動域を広げると、颯爽と歩くことも可能となり、若々しい印象を与えられます。

足底アーチを作る

明日の裏にはいわゆる土踏まずと呼ばれる足底アーチがありますが、足底アーチが減少すると、外反母趾のリスクが増します。

外反母趾を発症すると、親指をかばうために重心が外側へと移動します。その結果、O脚やがに股のリスクが増すのです

測定アーチを作ることで、外反母趾の予防や改善にもつながります。

正しい歩き方をアドバイスする

がに股の多くは、普段の歩き方によってもたらされます。

そのため、ぷらす鍼灸整骨院では正しい歩き方のアドバイスもおこない、がに股の原因を根本から取り除いていきます

歩幅を少し広げるだけでも、O脚やがに股になるリスクを下げられますよ。

大腰筋の筋緊張を緩和する

大腰筋(腸腰筋の1つ)が硬くなると、股関節の外旋を招き、O脚になるリスクが増します

そのため、ぷらす鍼灸整骨院では骨盤矯正と併せて大腰筋を緩める施術もおこなっています。

大腰筋を緩めることで、姿勢の改善効果や便秘の解消効果も期待できます。

まとめ

O脚やがに股になると、腰痛や坐骨神経痛といった身体的不調のリスクが増すだけでなく、見た目も悪くなってしまいます。

また、O脚やがに股を放置することで、下半身のむくみや冷えにつながることもあります。

ただ、O脚やがに股は足だけの問題でなく、全身のバランスも大きく関与しています。そのため、足だけでなく全身のバランスを整えることが必須となります。

ぷらす鍼灸整骨院では、全身のバランスを整えることで、O脚やがに股の根本的な改善を目指しています。

スッキリ美脚を手に入れたい方は、ぜひ一度、当院までご相談くださいね。

ストレッチでがに股を改善する方法を、こちらの記事で詳しく解説していますのでお役立てください。

この記事を監修してくれた先生

髙山 智仁先生

東京医療福祉専門学校 鍼灸科学科長・キャリアセンター長
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師

「患者様の立場になって考える」ことをモットーに、東洋医学・鍼灸の視点から本当の健康を追求し続けている。
現在は教員として、次世代を担う鍼灸師の育成にも取り組んでいる。

     

出店物件募集

          ぷらす鍼灸整骨院ではさらなる店舗拡大のため出店可能物件を募集しております。
           詳しくはこちらから >>