PageTop
大阪・東京・横浜・神戸・広島のぷらす鍼灸整骨院
BLOGブログ

【姿勢を治したいときは?】整骨院の「姿勢矯正」の施術内容を紹介

[猫背矯正]

公開日:2020.3.17 / 最終更新日:2020.4.22


整骨院などで見かけることの多い、「骨盤矯正」「骨格矯正」という文字。
このような姿勢矯正メニュー猫背などの悪い姿勢の改善を期待できるため、姿勢の悪さでお悩みの方におすすめしたい施術方法のひとつです

しかし、矯正と聞くと骨をボキボキと鳴らすイメージがあり、痛そうでなかなか踏み切れないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、整骨院で取り入れられている姿勢矯正メニューの中身効果がある理由などを、姿勢悪化の原因とともにわかりやすく解説していきます!

姿勢矯正はこんな人におすすめです!

皆さんは普段、ご自身の身体に対してこんな不調を感じていませんか?

□まわりの人から姿勢が悪いと言われることがある。
□意識しても気が付くと悪い姿勢に戻ってしまう。
□仕事や勉強、運動の成績を上げたい。
□若々しい身体を保ちたい。
□肩・首のこりがひどく、目の疲れや頭痛に悩んでいる。
□O脚やX脚を改善したい。
□疲れやすく、しっかり寝ても疲れが取れない。

これら7つの項目はすべて、猫背などの悪い姿勢よって引き起こされる症状や悩みの一部です。
3つ以上チェックが付いた方は、正しい姿勢を保ち身体の不調を改善するために、姿勢矯正メニューを受けみることをおすすめします!

猫背の改善には骨格矯正が役立ちます

まずは姿勢矯正メニューが猫背の改善にどのような効果を発揮するのか、わかりやすく解説していきます。

ぷらす鍼灸整骨院でのアプローチ方法

ぷらす鍼灸整骨院では、姿勢の改善を目的としてご来院いただいた患者さまに対し、まずは現在の姿勢歩き方のクセなどを診察していきます。

歪んだ骨格や筋力のかたよりを確認し、それらの診察結果をもとに一人ひとりに合わせた姿勢矯正メニューを組み立てるのです。

姿勢や歩き方のクセによっては、首や肩、太もも、右半身・左半身など、身体の一部の筋肉がひどくこり固まっていることも少なくありません。
それらの筋肉を電気治療マッサージなどで念入りにほぐし、骨格を矯正しやすいようにゆるめていきます

筋肉を十分にほぐしたら、骨格を正しい位置に戻すために複合矯正を行ないます。

複合矯正とは歪んだ関節の位置を少しずつ整える、身体への負担が少ない矯正方法のこと。
骨をボキボキと鳴らすような矯正とは異なるため痛みなどはなく、ストレッチをしてもらっているような感覚で楽に受けられます。

最後に患者さまへ正しい姿勢を維持するためのアドバイスなどを行ない、初回の施術は終了します。
一度の施術でも身体の変化が実感できるため、驚かれる患者さまも結構多いんですよ。

整骨院での猫背矯正については以下のページもおすすめです。

参考:猫背矯正には整骨院が良い?整骨院は信頼できる国家資格保持者のいるところへ行こう

EMSを使ってさらに姿勢を改善!

姿勢を改善するにはこり固まった筋肉をほぐし、骨格を整えることが大切です。
しかし、改善した姿勢を長期間維持するには、整えた骨格を支えるための筋力が必要になります。

そこでぷらす鍼灸整骨院が取り入れているのが、EMS(複合高周波)という電気治療器を使用した筋力トレーニングプログラム
通常の運動では鍛えづらいインナーマッスルを電気刺激によって動かし姿勢の維持に役立てる、効率の良いトレーニングメニューです。

EMSについて詳しくはこちらの記事で解説していますので、ご覧になってみてくださいね。
参考:【高周波EMS】整骨院の「楽トレ」で簡単体質改善?注意点も解説!

そもそも猫背の原因ってなに?

老化や骨粗しょう症によって起こる猫背もありますが、多くの原因は、

  • 長時間のデスクワークやスマホ操作
  • 筋力の低下
  • 骨格の歪み

この3つに分類できます。
詳しい原因をひとつずつ確認していきましょう。

長時間のデスクワークやスマホ操作

イスに座って作業をしたり下を向いてスマホを操作する時間が増えると、頭の重さを支える首や肩の筋肉にかなり大きな負荷がかかり、こり固まってしまいます。

主な筋肉としては、後頭部から両肩、背中の中央にかけて広がる「僧帽筋」や、肩甲骨を動かすのに必要な「肩甲挙筋」など。

首や背骨を支えるこれらの筋肉のこりに加え、視線を下方に向けるために背中が丸くなり、悪い姿勢がさらに悪化してしまうのです。

筋力の低下

悪い姿勢が習慣化してしまうと、背骨や骨盤を正常な位置に保つための筋肉がうまく使われなくなり次第に衰えていきます。

首から腰まで背骨を支える「脊柱起立筋」や、骨盤と内臓を支える「腹直筋」、お尻の筋肉「大殿筋」、太ももの後ろ側「ハムストリングス」など、主要な筋力が減少して正しい姿勢を保つことが困難になってしまうのです。

骨格の歪み

身体の主要な筋肉が衰えると骨格が歪み、歩く姿勢にまで影響が出てしまいます。
長時間歩くと膝やスネなど身体の一部分が強く痛むようなときは、骨盤や股関節が歪んでいる可能性がかなり高いです。

また、肩関節や背骨が歪むと胸を開く動作がしづらくなるため、肩が内側に入り背中が丸まった、かなり重度の猫背へと進展してしまう場合があります。

また頚椎(首の骨)に歪みがでると、偏頭痛手のしびれといった症状が表れるなど、骨格の歪みは日常生活にも支障をきたすようになってしまうのです

姿勢の悪化を放置するとどうなる?

揉み返し

それでは、姿勢の悪化を放置するとどんなデメリットがあるのか解説していきます。

見た目の印象が悪くなる

ひとつ目のデメリットは見た目の変化です。
やはり猫背のように曲がった背中は不健康そうに感じられ、実年齢よりもだいぶ老けて見えてしまいます

猫背と身長の関係についてはこちらのページもおすすめです。

参考:猫背を治すと身長5cmアップの真相と仕組みを紹介します。

肩こりや腰痛が悪化する

2つ目は肩こり・腰痛の悪化です。
猫背のような姿勢は頭や上半身の重さを支える首や肩、腰にかなりの負荷がかかり筋肉がこり固まってしまうため、こりの症状が悪化し頭痛や手足のしびれが頻繁に起きてしまいます

疲れやすくなる

3つ目は疲れやすくなるということ。
バランスの悪い姿勢によって使われない筋肉が増え、筋力低下にともなう疲れやすさを感じるようになります

また、背中が丸まった姿勢は肺や内臓が圧迫されて肺活量が減り、すぐ息切れするようになってしまうのです。

太りやすい身体になってしまう

最後にご紹介するデメリットは体質の変化
使われない筋肉が増えたために全身の血流がとどこおると、代謝が低下して痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。

普段からできる姿勢改善のポイント

それでは、普段からできる姿勢改善のポイントについてご紹介していきます。

軽い運動を心がける

筋力の低下を防ぐには運動をすることが何よりも大切です。
しかし、もともと運動が苦手な方や仕事・家事などで忙しい方は、運動する習慣をつけること自体が難しく感じられてしまいますよね。

そのような方にもおすすめなのが、軽いウォーキングや自宅でもできるストレッチなど。
毎朝15分だけ早く起きてウォーキングに出かけたり、リラックスタイムにストレッチをするだけでも充分な運動効果が得られます。

このような軽い運動を10~20分程度、できるだけ毎日続けてみましょう。

正しい姿勢や歩き方を意識する

正しい姿勢でいる時間を少しずつ増やしていくことも、姿勢改善に大きく役立ちます。

まず実践していただきたいのが、骨盤を立てた座り方です。
骨盤を立てるような意識でイスに深く腰かけた座り方は、腰や背中にかかる負担が分散するため腰痛や肩こりを軽減できます。

また、足裏の筋力を自然に使った「ゆりかご歩き」は、姿勢の改善だけでなく外反母趾の予防にも効果的です。

骨盤を立てた正しい座り方やゆりかご歩きの詳しい方法については、以下の記事でわかりやすく解説しています。是非ご覧になってみてくださいね。

参考:【骨盤を立てる座り方】体のプロも実践している正しい座り方をご紹介
参考:外反母趾に絶対なりたくない人のための予防方法まとめ

定期的に身体のメンテナンスをして姿勢を改善しよう

整骨院の先生と患者様

整骨院の姿勢矯正は一度の施術でも身体の変化を実感される方が多いですが、猫背などの悪い姿勢をしっかりと改善するには定期的に施術を受けていただくことが重要となります。

月に3~4回ほど整骨院に通って身体のメンテナンスをしつつ、普段の生活でも適度な運動や座り方・歩き方を意識して、少しずつ正しい姿勢を身に付けていきましょう。

まとめ

姿勢の悪化は見た目に影響するだけでなく、肩こりや腰痛などの症状や体質にも大きく関わってきてしまいます。
そこでお役立ていただきたいのが、整骨院で実施している姿勢矯正です。

わたしたちぷらす鍼灸整骨院では、患者さまの姿勢や歩き方のクセからこり固まった筋力、歪んだ骨格などを診察し、正しい姿勢を維持できるように施術をさせていただきます

美しい姿勢を保つことは基礎代謝や血行の改善にもつながり、見た目や心に良い変化をもたらします。
身体の不調や姿勢のことで何かお悩みのときは、是非ぷらす鍼灸整骨院までご相談くださいね。

この記事を監修してくれた先生

髙山 智仁先生

東京医療福祉専門学校 鍼灸科学科長・キャリアセンター長
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師

「患者様の立場になって考える」ことをモットーに、東洋医学・鍼灸の視点から本当の健康を追求し続けている。
現在は教員として、次世代を担う鍼灸師の育成にも取り組んでいる。