PageTop
大阪・東京・横浜・神戸・広島のぷらす鍼灸整骨院

columnお悩み解決コラム

【姿勢を良くする方法】姿勢のプロが教える良い姿勢を作る6つの方法

正しい姿勢

公開日:2021.3.23 / 最終更新日:2021.4.14


現代人の生活に欠かすことのできなくなったパソコンやスマホですが、それにともなって姿勢の悪さに悩まされる方が増えてきているように思われます。

姿勢が悪くなると、元気がないように見られたり、実際の年齢より老けてみられたりすることがありますし、肩こりや腰痛といった身体的トラブルにも見舞われやすくなります

今回の記事では、姿勢をよくするための簡単な6つの方法と、姿勢をよくすることのメリット、姿勢をよくするための3つのポイントについて解説します。

こちらの記事では反り腰の改善法について詳しく紹介しています。併せてご覧になってみてください。

①あなたの姿勢を良くする6つの方法

  • 姿勢をよくするには硬くなった筋肉をストレッチで緩めることが効果的
  • 普段の歩き方や座り方を見直すことも重要
  • 骨盤を起こすための筋肉を刺激することも必要
  • 自分でなかなか改善できない方には整骨院の施術がおすすめ

ストレッチ

姿勢が悪くなる原因の1つとして、筋肉の緊張があげられます。逆に言えば、筋緊張を緩和することで、不良姿勢の大部分は改善されていくこととなります。

ストレッチのやり方についてこちらの動画で分かりやすく解説していますので、ぜひお役立てください。

歩き方を見直す

歩き方も姿勢の悪い差につながります。特に下を見て小股で歩いていると、徐々に猫背気味になってしまいます

正しい歩き方のポイントについて、次の動画で詳しく解説しています。目で見てイメージしながら実践してみてくださいね。

座り方を改善する

姿勢をよくするためには、座り方を改善することも重要です。デスクワークなど、座る時間が長い方は、次のようなことを意識して椅子に座ってみましょう。

  1. 椅子に座る前に前傾姿勢を取る
  2. そのまま座面にお尻だけ乗せる
  3. ゆっくりと上半身を起こしながら坐骨に体重を乗せる
上半身に力が入っていないリラックスした状態を目指しましょう。

骨盤を起こす運動に取り組む

姿勢の悪さを改善するためには、無駄な筋緊張を取り除くことが重要です。ただ、全身の筋肉が緩んでしまっては、よい姿勢を手に入れることができません。臀部の筋肉はしっかりと使えるようにしましょう。

  1. 椅子に浅く腰かける
  2. 顔の前で両腕を組む
  3. お尻を浮かせて両腕をまっすぐ前に突き出す
  4. そのままの姿勢を10秒キープし元に戻す
太ももの前側が張っていれば上手にできている証拠です。

デスクワークの方や、座る時間が長い方は、こちらの記事もご覧ください。骨盤を起こす正しい座り方について分かりやすく解説しています。

机やいすの高さを調節する

机やいすの高さが身長に合っていないと、姿勢が悪くなるリスクを増します。上半身に力が入らない机といすの高さを探しましょう。

座った時にひざと股関節が90度になっている状態が目安となります。

整骨院で施術を受ける

姿勢をよくしたいのであれば、整骨院で施術を受けることもおすすめです。ぷらす鍼灸整骨院では、ケガに対する背術だけでなく、姿勢を改善する施術にも力を入れています。

筋膜リリースで無駄な緊張を取り除き、骨盤矯正で正しい姿勢を脳にインプットしていきます。

②姿勢を変えれば人生も変わる!姿勢を良くすることの6つのメリット

  • 姿勢が良くなると若々しく元気に見える
  • 腰痛や肩こりといった身体的不調のリスクが減る
  • 呼吸が深くなり睡眠の質も向上する
  • ダイエットやバストアップ、ヒップアップにもつながる

若々しく元気に見える

姿勢をよくするメリットの1つが、若々しく元気に見えることです。背中が曲がっていると、実年齢よりも老けて見られたり、元気がないように見られたりするものです。

姿勢を改善していつまでも若々しく元気な印象を手に入れましょう。

腰痛のリスクが減る

姿勢が悪い方の多くに、骨盤の後傾(後ろに傾くこと)がみられます。骨盤の後傾が続くことで、骨盤の中央にある仙腸関節の可動域が減少すると、腰痛のリスクが増してしまいます

姿勢をよくすることで、骨盤にかかる無駄な負荷を取り除き、腰痛を根本から改善することが可能となります。

腰痛の方にはぷらす鍼灸整骨院の骨盤矯正がおすすめです。

肩こりや頭痛の予防につながる

肩こりや頭痛には多くの方が悩まされているにもかかわらず、そのほとんどが原因不明とされていることも事実です。

なぜそのようなことが起こるかというと、症状が現れている場所しか見ていないからです。

たとえば肩こりは肩周りの筋緊張によって起こりますが、その多くが猫背などの不良姿勢によってもたらされます

つまり、肩こりを根本から改善したいのであれば、姿勢をよくすることは必須と言えるのです。

呼吸が深くなる

姿勢が良くなると、横隔膜の上下動がスムーズになるため、呼吸が深くなるというメリットもあります。

呼吸が深くなると身体の隅々にまで酸素がいきわたるため、身体の回復力を高めることが期待できます。

太りにくくなる

姿勢が良くなると、身体を大きく使うことができるため、太りにくくなるというメリットもあります。

姿勢が良くなることでお腹が引っ込み、すらっとして見えるようになりますよ。

ヒップアップやバストアップにつながる

姿勢が良くなると骨盤の後傾が改善されるため、ヒップアップにつながります。また、猫背が改善されることで胸を張れるようになるため、バストアップ効果も期待できます。

実際の体重が減っていなくても、見た目痩せにつなげることが可能となります。

③姿勢をよくするために重要な3つのポイント

  • 姿勢を改善するためには意識を変える必要がある
  • 楽しみながら取り組むことが姿勢改善を成功させるポイント
  • 定期的に専門家にチェックしてもらおう

意識を変える

姿勢をよくするためには、意識を変えていくことが重要です。姿勢をよくすることに限りませんが、何かを続けるうえで最大の障壁となるのが意識です。

姿勢をよくしようという意識だけでは、モチベーションを維持することが中々難しいです。そのため、姿勢がよくなった自分をイメージすることが重要です。

姿勢やスタイルがよくなった自分を意識して姿勢改善に取り組みましょう。

楽しみながら取り組む

姿勢をよくするためには、楽しみながら取り組むことも重要です。姿勢改善やダイエットに失敗する方の多くが義務感にとらわれがちです。

「~しなければならない」と義務化してしまうと、それが達成できなかった時に自分を責めてしまいがちです。

そうではなく、「やらないよりはやった方がマシ」と気楽に考え、楽しみながら取り組むことで続けやすくなります。

姿勢改善やダイエットに完璧主義は必要ありません。

定期的に専門家にチェックしてもらう

姿勢をよくしたいのであれば、定期的に専門家にチェックしてもらいましょう。というのも、自分の姿勢がよくなっているかどうか、自分で判断することは中々難しいからです。

ぷらす鍼灸整骨院では皆さんの姿勢を視覚的に捉えやすくすることで、効率よく姿勢改善に取り組めるサポートをしています。

まとめ

姿勢が悪くなると見た目がよくないだけでなく、肩こりや頭痛、腰痛といった身体的不調のリスクが増すこととなります。

姿勢をよくするためには、意識を変えて楽しみながら取り組むことが重要です。

姿勢をよくするためのサポートはぷらす鍼灸整骨院にお任せください。

こちらの記事では、猫背のチェック法について分かりやすく解説しています。姿勢の悪さが気になる方は要チェックです!

この記事を監修してくれた先生

髙山 智仁先生

東京医療福祉専門学校 鍼灸科学科長・キャリアセンター長
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師

「患者様の立場になって考える」ことをモットーに、東洋医学・鍼灸の視点から本当の健康を追求し続けている。
現在は教員として、次世代を担う鍼灸師の育成にも取り組んでいる。

     

出店物件募集

          ぷらす鍼灸整骨院ではさらなる店舗拡大のため出店可能物件を募集しております。
           詳しくはこちらから >>