PageTop
大阪・東京・横浜・神戸・広島のぷらす鍼灸整骨院

columnお悩み解決コラム

O脚を即効で治す方法は?美脚をキープする日常生活のポイントも紹介

O脚・X脚

公開日:2021.2.13 / 最終更新日:2021.3.5

O脚
O脚だから暑い夏もミニスカートや短パンが履けなくて暑いのを我慢していませんか?
できたら即効でO脚を治す方法を知りたいですよね。

O脚の原因はいろいろでO脚そのものもいろいろな種類があります。それぞれのO脚に合ったアプローチの仕方を知ることが必要です。

今回はO脚を即効で治す方法とO脚にならないために大切なことを紹介します。

O脚改善に整骨院を考えていらっしゃる方には、こちらの記事もおすすめです。ぜひ参考にしてください。

O脚を即効で治したい時は専門家に頼るのが一番

ぷらす鍼灸整骨院
O脚を即効で治すなら、専門家に相談がおすすめです。その理由やどのような専門家が良いのかを解説します。

専門家に相談するのがO脚改善の近道である理由

O脚の原因やO脚の種類によって、適切なアプローチをすることでO脚を即効で治すことも症状によっては可能なようです。O脚に効果があるといわれるストレッチを試しても、それが必ずしもご自身の問題解決にぴったりとは限りません。

まずは専門家に相談し、原因を突き止め根本から治療をすることが大切です。

自宅でできるストレッチや筋トレにも意味はある

専門家のアドバイスを受けながら、自宅でのストレッチや筋トレをすると効果が倍増します。

原因となる筋肉がどれかを専門家に説明してもらい、できるだけその筋肉を鍛えたり、ずれている骨盤が原因なら姿勢を正すことを中心に家でストレッチを繰り返します。

O脚を治したいなら整骨院に頼ろう

専門家といっても、整形外科など病院に行くべきなのか迷ってしまう方も多いでしょう。O脚を治すのなら整骨院がおすすめです。

整骨院ならO脚の根本的な原因を見極め、もし整形外科での治療が必要であればアドバイスをしてくれるでしょう。

骨盤のズレや筋肉のゆるみなどが原因であれば、整骨院で適切な治療をしてもらえます。

同時に自宅でできるエクササイズのアドバイスも受けられるので、スムーズにO脚が改善されていきます。

「即効で治す」よりも大事なのは「キープする」こと!

O脚改善
O脚にはさまざまな種類があり、原因もさまざまです。原因によっては専門家に相談することですぐに治すことが可能です。

しかしすぐに治すことが可能だとしても、O脚の原因となる習慣などを改善しなくてはすぐにO脚になってしまうかもしれません。

O脚は一度治っても完治ではない

O脚の主な原因は、生活習慣や体の使い方などによる歪みです。そのため、生活習慣が変わらなければ、またO脚になる可能性があります。

根本的な原因を除去し、再発しないようにすることが大切です。

キープするには根本的な原因の改善が必要

O脚を治った後、まっすぐな足をキープしたければ、根本的な原因を改善しなくてはいけません。骨盤がゆがむ生活習慣をやめて、歩き方や座り方に気をつけることが大切です。

O脚になった原因を突き止めて、原因となる習慣をやめることを意識し続ける必要があります。

O脚の根本治療はぷらす鍼灸整骨院にお任せください!

根本的な原因を突き止め、徹底的にO脚を治したい方はぷらす鍼灸整骨院がおすすめです。なかなかO脚が改善されないのは、アプローチの仕方が間違っているのかもしれません。

ぷらす鍼灸整骨院では、施術者がO脚の状態や原因に合わせて最適な方法を提案します。経験豊かで国家資格を持っている施術者が、じっくりと相談に乗ります。

ライフスタイルに合わせ、通いやすい日時を設定しお一人ずつにあったメニューを用意するので、無理なくO脚を改善します。

また再発しないためにどうしたら良いかもアドバイスするので、安心です。

自分でO脚を改善したい人向け!O脚改善エクササイズ

O脚エクササイズ
O脚改善には専門家への相談がおすすめですが、同時にストレッチをしているとさらに改善しやすくなります。特に骨盤のゆがみは毎日少しずつ改善していきましょう。

寝る前3分でOK! O脚改善骨盤ストレッチ

お風呂上がりにするとさらに効果的な寝た状態でできるストレッチです。

  1. 仰向けに寝て、両膝を立てます。
  2. 左右の膝をくっつけた状態で、左に倒します。
  3. 膝を元の状態に戻して、今度は右に倒します。

ゆっくりと息を吐きながら倒します。痛みを伴う場合はそこで止めて、左右を1セットとして5回繰り返します。

もしも左右のどちらかに倒しにくい場合は、骨盤にゆがみがある可能性があります。

週3でOK! O脚改善骨盤トレーニング

こちらも横になったままできるO脚を改善するための骨盤トレーニングです。骨盤を正しい位置でキープするために体幹と腿、臀部の筋肉を鍛えます。

  1. 仰向けになり、膝を軽く立てて両腕をまっすぐ頭の上に伸ばすことで、体をまっすぐにします。
  2. 片足を胸に抱くようにします。もう一方の足はそのまま床につけておきます。無理に伸ばすと骨盤がずれるので軽く曲げてもOKです。
  3. 曲げた足を元に戻し、もう一方の足を折り胸に近づけます。
  4. 左右の足をだきかかけるようにします。

右・左・両足を1セットにして、10セット繰り返します。

イラストを参考にしてください。

ガッツリO脚を撃退したいならスクワット

スクワットは、下半身を効果的に鍛えられると人気の筋トレです。代謝が上がり痩せられる、運動が苦手な人もできる、道具が不要と多くの人が取り入れています。スクワットはO脚にも効果が期待できます。

特に両足を左右に大きく広げてするワイドスクワットは、内転筋(ないてんきん)という腿の内側の筋肉を鍛えます。
  1. 肩より広めに足を広げて立ちます。
  2. 胸の前で手を組みます。
  3. 腰を少しずつ下ろしていきます。
  4. 太ももとひざの高さが同じになったらそこで止めます。
  5. 元とポジションに戻ります。

最初は5〜10回繰り返します。痛い場合は少し休みましょう。

ただし、正しいフォームでしないと腰痛の原因になるので注意が必要です。

内転筋などO脚に関連する筋肉や簡単なストレッチについてこちらの記事をご覧ください。

O脚を予防するための日常生活の3つのポイント

ポイント
O脚を治すことに成功しても、日常生活の習慣が変わらないと再発してしまう恐れがあります。O脚を予防するには日常生活での3つの習慣がポイントです。

  • 正しい歩き方
  • 正しい座り方
  • 適度な運動

それぞれについてさらに詳しく見ていきます。

歩き方

O脚になる人の歩き方の特徴は、つま先が外側を向いていることです。O脚を予防するには意識してつま先と膝をまっすぐ前に向かうようにして歩きます。

重心がどこにあるかも意識しましょう。

重心はかかとではなく、つま先にすることが重要です。

もっと詳しく正しい歩き方について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

座り方

座り仕事の多い人は特に座り方に気をつけてください。もちろん主婦の方も立ち仕事の方も、家でくつろいでテレビを見ているときやスマホやPCを見ているときは腰掛けている時間が長いですよね。

体にねじれが生じないように左右対称になるように腰掛けます。左右の膝をきちんとつけて腿とスネが直角になるようにしましょう。

足を組むことが癖になっている人は注意が必要です。いつも足を組んでいると骨盤がずれてしまい、O脚になりやすくなります。

  • 上半身はまっすぐ
  • 左右の膝をつける
  • 足を組まない

床に座る場合は、いわゆるペタンコ座りや横座りをするとやはり骨盤がずれてしまいます。骨盤を立てることを意識し、前後のズレにも気をつけましょう。

足をまっすぐ伸ばしたり、あぐらをかいたり、また正座をしたりを交互に繰り返しましょう。

椅子に腰掛ける場合も、床に座る場合も、体が左右対称にし、骨盤を立てることが重要です。

適度な運動

仕事の都合で同じ姿勢でいることが多い人は、筋肉がこわばりがちです。またO脚が原因で痛みを伴う人は、筋肉を鍛えることで痛みが減少するとも言われます。

ご紹介したストレッチをし、また正しい歩き方を身につけて適宜歩くようにすると、O脚の予防だけではなく健康にもメリットがあります。

まとめ

O脚改善
O脚改善には専門家に相談することが一番即効性のある方法です。もちろん、同時に日常生活でストレッチや筋トレを取り入れ、歩き方や座り方に気をつけていればさらに効果が上がります。
また整骨院などでO脚を治した後も、日常生活を改善しまっすぐになった足をキープし続けることが必要です。

ぷらす鍼灸整骨院なら、O脚の改善のために施術と日常生活のアドバイスをしています。

専門家に相談しながら、O脚を改善していきましょう!

この記事を監修してくれた先生

髙山 智仁先生

東京医療福祉専門学校 鍼灸科学科長・キャリアセンター長
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師

「患者様の立場になって考える」ことをモットーに、東洋医学・鍼灸の視点から本当の健康を追求し続けている。
現在は教員として、次世代を担う鍼灸師の育成にも取り組んでいる。

     

出店物件募集

          ぷらす鍼灸整骨院ではさらなる店舗拡大のため出店可能物件を募集しております。
           詳しくはこちらから >>