PageTop
大阪・東京・横浜・神戸・広島のぷらす鍼灸整骨院
キャンペーンバナー キャンペーンバナー

columnお悩み解決コラム

【整骨院がおすすめする】O脚を改善する座り方|美脚になる習慣を

O脚・X脚

公開日:2021.2.17 / 最終更新日:2021.3.5

座り方
座り方を変えるだけでO脚の改善が期待できることをご存知ですか?
O脚の原因は悪い習慣の積み重ねだといわれますが、間違った座り方もその一つです。

座った状態が悪いと少しずつ骨盤に歪みが生じ、O脚になってしまいます。

今回は正しい座り方、O脚の原因となる座り方を解説するとともに、座ったままでもできる簡単なストレッチを紹介します。
参考にしてO脚の改善をしてください。

O脚改善のために整骨院に通うことを考えている方はこちらの記事も参考にしてください。整骨院でO脚改善のためにどのような施術が行われるのかわかります。

①【シーン別】O脚を改善する座り方

座り方
PCを使って仕事をしているとき、テレビを見ているとき、スマホで情報をチェックしているとき、食事をしているときと1日7時間※を座って過ごしています。

骨盤が歪むような座り方がO脚の原因の一つと考えられます。
  • 椅子の座り方
  • 床の座り方

上記2つのシーンでO脚にならないためのポイントを解説していきます。

※参考:日本人の座位時間は世界最長「7」時間!座りすぎが健康リスクを高める あなたは大丈夫?その対策とは・・・

O脚を改善する椅子の座り方のポイント

椅子に腰掛けているときに無意識に足が開いてしまう人は、O脚の場合が多いです。骨盤の周囲に付いている筋肉が緩んでいるため、ずんどう体型になる可能性もあります。

正しい椅子の座り方は、次の点をチェックしてください。

  • 椅子に深く座る
  • 背中と太ももがほぼ直角の関係にあるように背中をまっすぐにする
  • 背中が丸まらないように椅子の高さを調節する

椅子の高さを調節できない場合は、タオルなどを畳んでお尻の下に敷いて調節しましょう。

O脚を改善する床の座り方のポイント

基本的に床に座るのは身体が歪みやすいため、できるだけ椅子に座る方がO脚改善にはおすすめです。しかしどうしても床に座らなければならない場合は、O脚の原因となる骨盤の歪みが生じないように座ることがポイントです。

左右対称になるような方法で座ります。

左右対称の座り方は次の3種類です。

  • 正座
  • 長座(足を伸ばして座る)
  • あぐら

1種類だけの座り方をしていると疲れてしまいます。痺れるほどずっと同じ姿勢を続けないで、適宜座り方を変えるようにしましょう。

それだけではなく、左右対象の座り方であっても骨盤の前後の歪みには注意が必要なため、骨盤を立てることを意識することも大切です。

骨盤を立てることを意識する

②真似厳禁!O脚を悪化させる避けたい座り方

座り方
テレビを見ているときや食事のときは、どのように座っていますか? リラックスしているとついつい一番ラクな座り方になってしまいますね。ここでは、O脚の原因になる、またはO脚の人がしがちな座り方を紹介します。
次に紹介するような座り方になっていないかチェックしてくださいね

  • 足を組む
  • 背もたれに寄りかかる
  • 背中を反る

それぞれについてさらに詳しく解説します。

足を組む癖はNG!

足を組む癖がある人は、すでに骨盤に歪みがありO脚になっている可能性があります。同時に足を組む癖はO脚になる原因でもあります。

足を組む癖があるわけではないが、腰掛けたときつい足が開いてしまうために足を組んでしまう人もいるでしょう。

足を少し斜めにするなど工夫して足を組まないようにしましょう。

浅く座って背もたれに寄りかかるのもNG!

できるだけ深く腰掛け、坐骨が座面に直接接するように腰掛けることが大切です。浅く座って背中をもたれていると、坐骨が浮いてしまい安定が悪くなるため骨盤が歪んでしまいます。

それだけではなく、この座り方は正常な座り方にくらべほとんど腹筋が使われないため、腹部に贅肉がつきやすくなるので注意※が必要です。

できるだけ背中をまっすぐにするように意識してください。

※参考:姿勢を正してぽっこりお腹を平らなお腹に!

背中を反りすぎるのも逆効果!

姿勢を良くするようにと意識すると、背中を反ってしまう人もいます。しかし背中を反りすぎると今度は骨盤に前方向の歪み(前傾)がでてしまうので、逆効果です。

反り腰姿勢は腰への負担が増すので、腰痛の原因にもなります。

背中をできるだけまっすぐにするように心がけましょう。

正しい椅子の座り方は、背中をまっすぐに足を組まずに。

③座ったままでOK! O脚改善簡単ストレッチ3選

骨盤体操
職場や自宅でちょっとしたスキマ時間にできる椅子に腰掛けたままでする簡単なストレッチを紹介します。紹介するのは次の3種類です。

  • 内転筋強化ストレッチ
  • 骨盤ストレッチ
  • 足全体を引き締めるストレッチ

ストレッチをすることで正しい座り方をキープすることがだんだんとラクになりますよ。

内転筋強化ストレッチ

  1. 浅く腰掛け、足の裏をしっかり地面につけます。
  2. 太ももの間にノートなどある程度厚みのある平らなものを挟みます。
  3. ノートが落ちないように太ももに力をいれて、そのまま30秒キープします。

脱力した状態を挟んで、5回繰り返します。

O脚だけではなく、ヒップアップ効果や太ももが引きしまる効果も期待できます。

骨盤ストレッチ

  1. 背もたれに届かない程度に深く腰掛けます。
  2. 背中をまっすぐにして正面を見ます。
  3. そのまま、息をゆっくり吐きながら、頭を前に倒し膝におでこがくっつくまで屈伸します。

ゆっくりと5回繰り返してください。

運動不足の方は、前に倒すとお腹の筋肉がつってしまうことがあります。痛む場合は、無理をせずにできるところまで曲げましょう。

無理せず痛いと感じたらそれ以上曲げないようにしましょう。

足全体を引き締めるストレッチ

  1. 深く椅子に腰掛けます。
  2. 両足を上げます。
  3. 太ももから膝、くるぶしまで一直線になるようにして、10数えます。
  4. ゆっくり足を下ろします。

10回繰り返します。

慣れてきたらゆっくり20数えましょう。

内転筋やハムストリングスなど足全体の筋肉にアプローチします。

足を上げている間、お腹がくぼんでいることを意識してください。

④O脚を放置することで繋がる身体の不調

不調
O脚は足が曲がっていて見た目が気になるだけではありません。O脚であることが次のような不調の原因となります。

  • 冷え性・むくみ
  • 腰痛
  • 変形性膝関節症

それぞれについて解説します。

冷え性・むくみ

驚くことにO脚は冷え性やむくみを引き起こします。O脚の場合股関節が内側に向かって歪んでいるため、鼠径部(そけいぶ)に圧力がかかっている状態です。

鼠径部は太ももとボディのつなぎ目部分で、この下に動脈や静脈、リンパ管、複数の神経が集まっています。

そのため鼠径部に負担がかかると下半身への血液の流れが阻害されてしまい、冷え性やむくみになってしまうのです。

血行が悪くなるため、下半身太りの原因にもなるといわれます。

腰痛

O脚の人が自然に立った状態でいると、足の骨格が歪んでいるため骨盤をまっすぐにキープするために、背骨に大きな負担をかけてしまします。

背中への負担が続き腰痛の原因の一つです。

腰痛を我慢しているとさらにO脚が悪化するという悪循環になってしまいます。

変形性膝関節症

高齢者に多い変形性膝関節症は、膝が極度に痛くなり歩くことが困難になる病気です。変形性膝関節症の原因ははっきりわかりませんが、O脚の人が高齢になった際に罹患する可能性が高いということです。
詳しくは参考記事をご覧ください。

参考:変形性膝関節症の管理に関するOARSI勧告(PDF)

⑤O脚の改善はぷらす鍼灸整骨院にお任せください!

ぷらす鍼灸整骨院
本気でO脚を改善したいならぷらす鍼灸整骨院にご相談ください。国家資格を持つ経験豊かな施術者が、一人ひとりのO脚の原因を突き止め改善するためにサポートをします。

ご自宅でできるエクササイズや注意事項もお教えするので、効率的にO脚改善をしていきます。

治療が終わったあとも、再発しないように生活面での注意事項をアドバイスします。

骨盤のゆがみなど根本的な原因にアプローチするので、O脚だけではなく原因不明の体調不良も改善したという嬉しいお声もいただいております。

まとめ

座り方
O脚を改善するためにどのような座り方をすれば良いのか、またどのような座り方をするとO脚の原因になるのかを紹介しました。

床に座るときも椅子に腰掛けるときも、左右対称で骨盤を立てるように気をつけることがポイントです。

姿勢を良くしようとあまり反り腰にならないように、背中がまっすぐになっているかをチェックしましょう。
腰掛けたままでもできる簡単なストレッチを組み合わせながらO脚の改善をしていきましょう。

本気でO脚を改善したいのなら、お気軽に私たちぷらす鍼灸整骨院にご相談くださいね。

この記事を監修してくれた先生

髙山 智仁先生

東京医療福祉専門学校 鍼灸科学科長・キャリアセンター長
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師

「患者様の立場になって考える」ことをモットーに、東洋医学・鍼灸の視点から本当の健康を追求し続けている。
現在は教員として、次世代を担う鍼灸師の育成にも取り組んでいる。

     

出店物件募集

          ぷらす鍼灸整骨院ではさらなる店舗拡大のため出店可能物件を募集しております。
           詳しくはこちらから >>