PageTop
国家資格者の確かな技術で「痛み・不調のない日々」を取り戻すお手伝いをしています。
大阪・東京・横浜・神戸・広島のぷらす鍼灸整骨院
BLOGブログ

【ゴリゴリ?ポキポキ?】肩こりと音の関係と解消法

[肩こり]

公開日:2020.3.4 / 最終更新日:2020.3.4


肩こりがひどいときに肩を回すと、ゴリゴリと何かが擦れ合うような音がすることがありますよね。

特に痛みが無くても、何らかの異常があるのではないかと不安になるものです。

今回は肩をまわすと鳴る音の正体や、解消法をご紹介します!

なぜ肩を回すと音が鳴るの?


まずは肩を回したときに音が鳴るメカニズムです。

音の発生源によって2種類あります。

「ゴリゴリ」は筋肉の硬直

肩を回した時に「ゴリゴリ」となにかが擦れるような音がする場合は、筋肉の硬直からくる音である可能性があります。

肩の回りを形成しているのは、肩甲骨と上腕骨(じょうわんこつ)、鎖骨(さこつ)という3つの大きな骨です。

肩甲骨は上腕骨の土台となり、鎖骨に吊り上げられて、より大きく動かせるようになっています。

さらに、これらの骨を覆うように存在するのが僧帽筋(そうぼうきん)や三角筋(さんかくきん)といった大きな筋肉です。

僧帽筋は首から伸びて肩甲骨に至り、三角筋は肩甲骨から上腕骨に至ります。僧帽筋で肩甲骨を動かし、三角筋で上腕骨を動かすという流れです。

ほかにも肩甲骨は、小胸筋(しょうきょうきん)によって体の正面にある肋骨(ろっこつ)の上部とつながっており、肩甲骨を下げたり肋骨を引き上げたりすることができます。

大円筋(だいえんきん)は肩甲骨の下部から上腕骨の上部へ至り、肩関節を伸ばしたり、内側へ回転させたりする筋肉です。

大きな筋肉の内側には、肩甲骨から伸びる4種類の筋肉があり、それぞれ上腕骨とつながって筋肉でありながら腱(けん)の役割も果たします。

腕を横に動かす棘上筋(ちょくじょうきん)や、上に動かす棘下筋(ちょっかきん)、外側にひねる小円筋(しょうえんきん)、内側にひねる肩甲下筋(けんこうかきん)です。

これらをまとめて「ローテーターカフ(回旋筋腱板・かいせんきんけんばん)」とも呼びます。

これらの骨と筋肉の組み合わせにより、肩の回りは複雑な動きが可能です。
それぞれが近い位置にあるため、いずれかの筋肉が硬直してくると、動かすたびにほかの筋肉や骨と擦れ合いやすくなり、ゴリゴリと音が鳴ります。

「ポキポキ」は関節の硬直


音がゴリゴリではなく、ポキポキならば、筋肉ではなく関節で音が鳴っているかもしれません。
関節で音が鳴る理由は諸説ありますが、「関節液の気泡がはじけるから」という説が有力です。

関節は「関節包(かんせつほう)」という被膜(ひまく)で覆われており、その内部はヒアルロン酸やたんぱく質を含む関節液で満たされています。

関節液は粘りがあり、関節をスムーズに動かす潤滑剤といったところです。

このような性質から、体を動かすたびに関節包内の圧力が変化して気泡ができやすくなります。
液体は圧力がかかると気体に変化するからです。

気泡が溜まった状態で肩を回すなど関節を急激に動かすと、やはり関節包内の圧力が変化し、気泡がはじけて音がなります。

緩衝材に使われるプチプチを連想すると分かりやすいでしょう。

だから大小の差はあれど、誰でも関節がポキポキと鳴る可能性はあります。

肩関節をポキポキ鳴らすのはやめたほうがいいの?


指をポキポキ鳴らす要領で、意図的に関節を急激に動かすと、自分の意思で音を鳴らせるようになります。

けれども、関節を急激に動かすのはせまい面積に大きな衝撃が加わるという説もあるので、自己判断で首や腰といった重要な部位を意図的に鳴らすのはほどほどにするのが無難でしょう。

首元の脊椎(せきつい)である頸椎(けいつい)や腰側の脊椎にあたる腰椎(ようつい)を傷めたり、動脈が破けやすくなったりする可能性もわずかながらにあります。

実際に厚生労働省でも首を急激に回転したり、伸ばしたりする施術行為はなるべく控えるよう通知しているほどです(医事第58号)。

ストレッチする過程で音がなってしまうのは仕方ないですが、自己判断で四六時中鳴らすという癖がある方は少し注意したほうがいいかもしれませんね。

参考:「医業類似行為に対する取扱いについて」(厚生労働省)

肩周辺から音が鳴ってきても対処しなかったらどうなるのか


肩回りで音が鳴る原因が分かっても、何も対処せずに放置すると、どうなってしまうのでしょうか。

筋肉が原因で鳴る音の場合

筋肉の硬直によって音が鳴っているのですから、放置するのは当然良くありません

肩こりがひどくなるだけでなく、肩を動かすだけで痛みが発生し、特に腕を上へあげるときに強く感じます。

五十肩の症状にも似ていますが、炎症を起こしているのは先ほどのローテーターカフである場合が多く、それは「腱板損傷」という別の病名です。

関節が原因で鳴る音の場合

一方、関節内で気泡がはじけて音が鳴る場合、痛みが無ければそれほど緊急性はありません

けれども、音が鳴るのは無意識に関節を急激に動かしている証拠であり、何度も繰り返すと関節が炎症を起こしたり、骨の位置がずれる脱臼によって損傷したりするリスクが高まります。

例えば、五十肩は老化などによって関節周りが炎症を起こし、肩を動かしにくくなった状態です。
正式な病名は「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」といいます。

肩関節のくぼみの縁にある軟骨で、クッションの役割を果たす肩関節唇(かたかんせつしん)が損傷する「肩関節唇損傷(かたかんせつしんそんしょう)」も肩の関節の炎症や損傷で起こる症状です。

骨が変形したり軟骨がすり減ったりする「変形性肩関節症(へんけいせいかたかんせつしょう)」という症状もあります。

肩を回したときに鳴る音を肩の病気になる前兆と考えて、予防的に動きを矯正したり、整骨院で施術を受けたりするのが望ましいでしょう。

肩を回しても音が鳴らないようにするには


音の発生源が肩の筋肉であっても、関節であっても、そのまま放置するのは良くありません。
できれば早く解消したいところですが、どのような方法があるのでしょうか。

自力でのケアでは困難

音の発生源が肩の筋肉であれば、セルフマッサージによって改善する可能性はあります。

ただし、具体的にどの筋肉に問題があるのかを自分で特定するのは困難です。

肩甲下筋のような体の内側に存在する筋肉が原因なら、表面からマッサージしても効果が及びません。

肩こりにしても筋肉の硬直にしても、その部位だけが原因で起こるわけではなく、筋肉や神経、骨格、普段の姿勢なども影響します。

正確な原因が分からなければ何をしてもなかなか改善されないでしょう。

肩の関節で音が鳴るのも、自分で行えるのは動きに気をつけるくらいしかできません。
誤ったケアをすると、脱臼したり損傷したりする恐れがあります。

適切なケアを行うためには整骨院へ

ぷらす鍼灸整骨院の施術風景

整骨院には柔道整復師という筋肉や関節に関する国家資格者が在籍しており、筋肉の位置や関節の仕組みを熟知しているので、適切な対応をできるのが強みです。

肩甲下筋のようなインナーマッスルでもアプローチする手段を持っています。

肩甲骨はがし」といって、肩甲骨まわりにある筋肉の施術も可能です。

「はがし」といっても、癒着した筋肉をはがすのではありません。指を使ってそれぞれの筋肉をほぐして、可動域を広げるのが一般的です。

私たちぷらす鍼灸整骨院でも、事前の入念なカウンセリングによって音が鳴る原因を特定したり、患者様の症状にちょってどのような施術を行えば良いかご説明したりしながら、施術を提案させていただきます。

柔道整復師はもちろん、鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師も在籍しているので、お一人お一人の症状に合わせたオーダーメイドの施術が可能です。

肩周り、首回りのしつこい痛みやこりでお悩みの方はお近くのぷらす鍼灸整骨院にお気軽にご相談ください。

まとめ


肩こりがひどいときに肩を回すと音がするのは、筋肉が硬直して他の組織と擦れ合っているのと、関節の急激な動きによって関節液の気泡がはじけているという2パターンが考えられます。

特にはげしい痛みはないからとずっと放置すると症状が悪化するかたもおられます。

そういうときは整骨院などで専門家に頼っていただければとおもいます。

あなたの肩こり、きっと良くなりますよ。