PageTop
国家資格者の確かな技術で「痛み・不調のない日々」を取り戻すお手伝いをしています。
大阪・東京・横浜・神戸・広島のぷらす鍼灸整骨院
BLOGブログ

ストレートネックは保険適用で治せる?整骨院・整形外科の治療の違いについて

[首の痛み]

公開日:2019.8.26 / 最終更新日:2020.9.28

首の痛みで悩む女性

「ストレートネックって何?原因は?」「ストレートネックを治したい場合、どこの治療施設に行けば良い?」このようなお悩みを持つ方に向けた記事となっています。

  • ストレートネックになりやすい原因と対策
  • どういった治療施設を選べばよいか

を順番にわかりやすく紹介していきますので、最近なんだか首の痛みが気になるという人はお役立てくださいね。

ストレートネックとは?

ストレートネックとは、頭が前方向に出続けることで本来S字になっている頸椎(首の骨)が真っすぐになってしまう症状のことです。

正常な方の頸椎の角度が30~40度なのに対し、ストレートネックの方は弯曲を失い、真っすぐに近い状態となっています。

頸椎が真っすぐになってしまうことで、首は本来のクッション性を失います。

そうすることで、頭の重みが首に対してダイレクトにのしかかり、首・肩に大きな負荷をかけることになるのです。

更に、ストレートネックの症状は多岐に渡ります。なぜなら、体のバランスは本来、胸椎・腰椎・頸椎が拮抗することで保たれています。

しかし、頸椎が真っすぐになることでバランスを失い、体の至るところに悪影響を及ぼすことに繋がるからです。

例えば、肩こり・首こりはもちろん、手・腕の痺れ、頭痛、めまい、耳鳴り、自律神経失調症、うつ傾向に至るまで、本当に様々な症状がでます。また、ストレートネックは、女性や子どもに特に多く見られる症状でもあります。

ストレートネックになってしまう3つの原因

それでは、ストレートネックとは、どのようなことが原因でなってしまうのでしょうか?

下記にて、ストレートネックの最も多い原因を3つ紹介していきます。

スマートフォンやタブレットの普及

ストレートネックは、別名”スマホ首”とも呼ばれ、インターネットを頻繁に使うようになった昨今では、特に発症する方が増えてるという現状があります。

スマホやタブレットを使っていると、無意識に首が前にでてしまいますよね。その状態が長時間続くことで頸椎に負担がかかり、ストレートネックになってしまうのです。

スマホやタブレットの他にも、パソコンを使った事務作業や、中腰の姿勢が多くなる育児でもなりやすいので注意しましょう。

スマホを触っているときは、意識的に首を後ろに引くようにするだけでも効果的です。ぜひ、試してみてくださいね。

不良姿勢・体のバランスの崩れ

仕事中、無意識にとってしまう不良姿勢や骨盤のゆがみもストレートネックの原因となります。それは、上記でも説明したように体は、頸椎・胸椎・腰椎と体全体を駆使してバランスを保っているからです。

例えば、骨盤がゆがむと、バランスを保つために首が前へとでるため、頸椎に負担を与えることになります。

また、女性に多い外反母趾や、昨今の子どもに多い扁平足によっても足元のバランスが乱れますので、ストレートネックの原因になってしまう危険性があります。

生活習慣

日々の生活習慣が影響し、知らず知らずの間にストレートネックになってしまうケースがあります。それらは、普段何気なくとっている姿勢や癖などに起因することが多いです。

例えば、男性に多いのは、パソコンなどのデスクワークからくるパターン。絶えず首が前に出る姿勢が続き、頸椎に負担をかけてしまうことでストレートネックの発症に繋がります。

女性に多いのは、カバンを掛ける肩が毎回同じになり、骨格のバランスを著しく悪くしてしまっているというケース。「特に何もしていないのに、肩首がだるい…」という方は一度、肩首に負担のかかる姿勢をとる癖がないかどうか見直してみましょう。

また、子どもの場合でも、同じ姿勢が続く部活動や試験勉強により、ストレートネックに繋がるということも十分に考えられます。

首のこりや寝違えを解消したいとお悩みの方にはこちらのページもおすすめです。

参考:つらい「首こり」は整骨院で改善?整骨院の首こりに対する施術を紹介

参考:寝違えた!整骨院に行っても大丈夫?対処法とは?

ストレートネックを治したい時はどこにいけばいい?

「ストレートネックを治したい!」「ストレートネックかも?」こういった場合、整形外科、整骨院、整体院など、どこの診療所を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

どこの診療所を選択するかによって、ストレートネックへの対応が変わります。ご自身の症状に合っていると思う診療所を選択されてみてください。

下記にて、整形外科・整骨院・マッサージ、それぞれどのような対応になるのかを簡単に紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

我慢できない痛みがあるときは整形外科

「日常生活に支障をきたすほど首にズキズキとした激しい痛みがある」ということであれば、整形外科へ行くことをおすすめします。

強い痛みがある場合、頸部脊柱管狭窄症(けいぶせきちゅうかんきょうさくしょう)といった比較的思い症状も考えらるため、レントゲンやMRIで診断のできる整形外科が良いからです。

ちなみに、頸部脊柱管狭窄症はストレートネックが悪化することで発症する症状なので、若者にも増えてきています。

また、整形外科のアプローチとしては手術や痛み止めが治療のメインとなるため、軽度な場合は異常ナシだと診断されることも多いです。

上記でも説明しました通り、ストレートネックは姿勢や生活習慣に原因があります。

診断後に、そこを改善しない限りは根本的な解決になりませんので、再発してしまう方が多いというのが現状です。

ストレートネックの根本治療なら整骨院

「再発は嫌なので、骨格の歪みや姿勢からストレートネックを根本的に解決したい!」という方には、整骨院がおすすめです。

症状がひどく、手術が必要であるレベルでしたら整形外科が良いです。

しかし、歪みや姿勢の改善を図ることでストレートネックを克服したいということでしたら、整骨院が良いでしょう。

更に、整骨院の場合、ストレートネックが原因で発症してしまっている肩・首のこりを含め、体全体の改善をしていくことができます。

骨格の歪みや姿勢が良くなることで、体調の良化にもつながりやすくなりますよ!

クイックマッサージや揉みほぐし屋さんは?

街のマッサージや揉みほぐしでもストレートネックに対して施術を行ってくれますが、リラクゼーションを目的としていることが多いです。

リラクゼーションの施術は、気持ち良さを重視することで、ストレス軽減を図ることをメインとしています。

更に、法律上では「柔道整復師」という国家資格を有した人が所属しているのが「整骨院」ですが、「整体院」「マッサージ」「カイロプラクティック」の場合、国家資格者が所属していないというケースがあります。

リラックスすることで一時的に首の疲れを軽減したいということでしたら、マッサージや揉みほぐしの利用もいいとおもいます。

しかし、ストレートネックの原因となる骨格の歪みや姿勢を根本から改善したいといことでしたら、骨と筋肉に関する国家資格者が在籍する整骨院が良いでしょう。

更に、「整骨院」は、「整体院」「マッサージ」「カイロプラクティック」と違い、保険の適用範囲である可能性があります。

ストレートネックと向き合っていくとなると、複数回の治療が考えられますので、費用も安く済ませておきたいところですよね。

まとめ

ストレートネックは、子どもから大人まで、幅広い層で発症するリスクがあります。

更に、放置することで悪化する一方である上に、痛みがでてくると、日常生活にまで支障をきたすというレベルになるのです。

原因は、仕事での不良姿勢、日々の生活習慣、スマホ操作と様々なところに潜んでいます。

「ひょっとしてストレートネックかも?」という懸念がありましたら、ぷらす整骨院にて、お気軽にご相談ください。

元気なスタッフ一同、皆様をお待ちしております!

この記事を監修してくれた先生

髙山 智仁先生

東京医療福祉専門学校 鍼灸科学科長・キャリアセンター長
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師

「患者様の立場になって考える」ことをモットーに、東洋医学・鍼灸の視点から本当の健康を追求し続けている。
現在は教員として、次世代を担う鍼灸師の育成にも取り組んでいる。