PageTop
ぷらす鍼灸整骨院TOP
BLOGブログ

【薬膳とは?】薬膳の基礎知識と家で作れる簡単薬膳レシピを紹介

[季節の悩み]

公開日:2020.2.7 / 最終更新日:2020.2.7

薬膳料理

最近では健康志向な料理を扱う雑誌や飲食店が増えてきたため、「薬膳」という言葉を目にする機会も増えてきたかと思います。

ところで皆さんは、薬膳というとどのようなものをイメージしますか?
栄養たっぷりで身体に良さそう」という方もいれば、「苦い味がしそう」「自分で作るのは難しそう」というイメージを持つ方も多いですよね。

今回はそもそも薬膳とは何なのか、薬膳と漢方の違いや簡単な薬膳レシピについてわかりやすく解説していきます。

薬膳とは?

 

薬膳とは、「旬の食材」や漢方の原料となる「生薬(しょうやく)」を組み合わせて作る、健康に良い料理のことです。

まずは薬膳の考え方や、混同されがちな「漢方」との違いについて紹介していきます。

薬膳の考え方

季節や体調に合った食材を食べることには薬のような効果があり、正しい食事は身体を健康に保つ。一方で、間違った食事を続けると病気を引き寄せてしまう。
これは薬膳の基本となる考え方ですが、この理論は今から3000年前の中国で誕生しました。
現代では日本を含むさまざまな国や地域で薬膳の考え方が支持され、今なお広がり続けています。

「薬」のような効果のある「膳(=料理)」なので、「薬膳」という名前が付いたんですね。

漢方と薬膳ってちがうの?

よく混同されがちなのが、「漢方」と「薬膳」の違いについてです。

日本では手術や注射などを行なう西洋医学を「蘭方(らんぽう)」と呼ぶのに対し、気功術や整体などの治療を行なう東洋医学を「漢方」と呼んできました。
漢方には鍼灸術や薬膳、漢方薬治療なども含まれます。

また、漢方薬と薬膳にはどちらも「生薬」を使用します。

生薬を薬として使用するものを「漢方薬」、料理として取り入れるものを「薬膳」と呼びます。

※漢方薬には使われない生薬もあるので、生薬と漢方薬は同じ意味ではありません。

難しい食材が必要なの?

生薬とは動植物など天然由来の医薬品の総称のことで、具体的に言うと、海松子(かいしょうし)と呼ばれる松の実や、山査子(さんざし)という植物の実などを指します。

でも生薬ってなかなか手に入らないような食材ばかりですよね。

確かに薬膳には生薬を使ったメニューが多く、自分で作るのには少しハードルが高いように感じてしまいます。

しかし最近では、わたしたちが普段から食べているような食材だけを使った簡単な薬膳レシピも数多く存在しているんです!

次の項目からはスーパーなどで手に入るごく普通の食材を中心に、薬膳の取り入れ方をさらに深く解説していきます。

食材には「陰」と「陽」がある

食べ物には身体を冷やす「陰性の食材」と、身体を温める「陽性の食材」があります。
なんとなく陰性の食材を食べるのは悪いイメージがすると思いますが、実はどちらに偏りすぎてもよくありません。

体調や季節に応じて、陰性と陽性両方の食材をバランス良く取り入れることが大切です。

陰性の食品:バナナ・スイカ・トマト・キュウリ・牛乳・緑茶など。
陽性の食品:肉類・ニンジン・ゴボウ・タマネギ・味噌・紅茶など。

陰性の食品は熱帯地域で生産される「夏が旬」の野菜や果物が多く該当します。

一方、陽性の食べ物は発酵食品や寒冷地域で生産される「冬が旬」の根菜類が該当するため、これらの基準を目安にして食品を選んでみましょう。

薬膳における「五味」と「五性」の考え方

食材の陰性と陽性をさらに細かく分類したものに、「五味」と「五性」という考え方があります。

五味は食材の味、五性は効能を表しますが、薬膳ではこの分類をもとに食材を選んで調理しているのです。

ここからは薬膳の基礎とも言える「五味」と「五性」についてご紹介していきます。

五味とは

薬膳では食材の味を甘・辛・苦・酸・鹹(かん:塩からい)の5つに分類し、それらをまとめて「五味」と言います。

5つの味にはそれぞれ異なる作用があるため、まずは味の違いと身体にもたらす役割について見ていきましょう。

  • 甘:エネルギーに変化し、疲労を回復する。
  • 辛:発汗をうながし、肺や腸の働きを促進する。
  • 苦:余分な熱や水分を逃し、身体をリラックスさせる。
  • 酸:水分の排出を防ぎ、消化を助ける。
  • 鹹:水分の代謝をスムーズにして便秘を解消する。

たとえば疲れているときには甘いものが欲しくなりますよね。
苦いチョコレートを食べたりやコーヒー飲むとリラックスできるのも、五味とそれぞれの作用が深く関係しているのです。

五性とは

続いて「五性」について解説します。

こちらは食材の効能や性質を温・熱・涼・寒・平の5つに分けた考え方で、それらをまとめて「五性」と呼びます。
  • 温:身体を温め、血流を改善する。もち米・かぼちゃ・ニラ・ショウガ・紅茶など。
  • 熱:身体を極端に温め、内臓を活性化する。ラム肉・シナモン・唐辛子など。
  • 涼:身体を冷やし、利尿作用を促進する。そば・豆腐・ナス・キュウリ・緑茶など。
  • 寒:身体を極端に冷やし、炎症を鎮める。こんにゃく・トマト・ひじき・タコなど。
  • 平:身体を温めも冷やしもしない。卵・しいたけ・キャベツ・はちみつなど。

季節や体調に合わせた食材選びが大切

身体がほてっているときには苦いものや涼・寒性のものを。
肌寒いと感じるときには甘いものや辛いもので、なおかつ温・熱性のものを。
「五味」と「五性」の考え方をベースに季節や体調に適した食材を選んで、身体を「平性」に保つように心がけましょう。

簡単薬膳レシピで体調を整えよう!

それでは最後に、スーパーで買える食材を使った薬膳レシピを、効能別に3つご紹介いたします!

便秘解消!こんにゃくとひじきのピリ辛炒め

<食材の「五味」と「五性」>

  • こんにゃく:「五味」甘・辛 「五性」寒…食物繊維が豊富で、お通じが良くなります。
  • ひじき:「五味」甘・鹹 「五性」寒…水分の代謝がスムーズになります。
  • 鷹の爪(唐辛子) :「五味」辛 「五性」熱…大腸の働きが活性化します。

<材料2人分>

  • こんにゃく 1枚(250g)
  • ひじき 10g
  • ごま油 大さじ1
  • a:砂糖 大さじ1
  • a:めんつゆ(または白だし) 大さじ3
  • a:醤油 大さじ1.5
  • a:みりん 大さじ1
  • a:鷹の爪輪切り 少々

<作り方>

  1. ひじきを水でもどし、その間にこんにゃくを一口大に切って軽く湯通しします。
  2. aを混ぜ合わせます。
  3. ごま油を入れたフライパンを中火で熱し、こんにゃくを炒めます。
  4. 3に水気を切ったひじきとaを加え、汁気がなくなるまで炒めたら完成です。
和風の味付けにピリ辛をプラスした、便秘解消におすすめの一品です。

疲労回復!もち米を使ったタコおこわ

<食材の「五味」と「五性」>

  • もち米:「五味」甘 「五性」温…疲労の解消や食欲増進に効果的です。
  • タコ:「五味」甘・鹹 「五性」寒…汗や尿の余分な排出を防ぎます。

<材料4人分>

  • もち米 2合
  • タコ 180g
  • a:醤油 大さじ1
  • a:酒 大さじ1
  • a:みりん 大さじ1
  • a:塩 小さじ1
  • a:和風だしの素 小さじ1/2
  • 飾り用小ねぎ(なくてもOK) 少々

<作り方>

  1. もち米を洗い、30分~1時間水に浸けておきます。
  2. aを混ぜ合わせ、タコはぶつ切りにします。
  3. もち米の水気を切って釜にうつし、aを入れます。
  4. 水を2合の目盛りまで注ぎ入れ、最後にタコを乗せます。(混ぜません)
  5. 炊飯を開始します。(あれば炊き込みモードで)
  6. 炊き終わったら15分ほど蒸らし、軽く混ぜたら完成です。
疲労回復効果が期待できる、もち米とタコを使ったおこわです。

最後に小ねぎを散らすことで彩りも良くなります。

寝る前は蜂蜜ジンジャーティーでリラックス


<食材の「五味」と「五性」>

  • 蜂蜜:「五味」甘 「五性」平…のどや肺をうるおします。
  • ショウガ:「五味」辛 「五性」温…内臓を温め、風邪の予防にも効果的です。
  • 紅茶:「五味」苦・甘 「五性」温…冷えの改善やリラックス効果があります。

<材料1人分>

  • 紅茶のティーバッグ 1つ
  • 熱湯 1杯分
  • 蜂蜜 大さじ1
  • すりおろしショウガ 小さじ1

<作り方>

  1. お湯を沸かしている間に、カップへ蜂蜜とショウガを入れて混ぜます。
  2. ティーバッグを入れ、熱湯を注いで1分待ちます。
  3. 紅茶がお好みの濃さになったら完成です。
風邪予防血行の改善に効果が期待できる、お休み前におすすめの一杯です。

蜂蜜やショウガはお好みの量で調節してみてくださいね。

まとめ


季節や体調に適した食事には薬のような効果があり、身体を健康に保つ。
これが「薬膳」の基本となる考え方です。

夏バテの予防には身体を冷やす夏野菜、冷え対策には秋・冬が旬の根菜など、旬の食べ物は季節による体調の変化と相性が良く、必要な効果を得ることができます。
今回ご紹介した薬膳の「五味」や「五性」、レシピなども参考にして、普段の食事から健康な身体を目指しましょう。