坐骨神経痛とは?症状や原因、対策は?

ぷらす整骨院 体のお悩み解決本部 ,


「腰痛ではないけれど足腰に違和感がある」

「突然腰にピリピリとした痛みが出ることがある」

「足の力がうまく入らない」

このような症状が出ている方は、坐骨神経痛が起こっているサインかもしれません。ここでは坐骨神経痛の特徴や症状、原因について分かりやすく解説します。痛みが強くなってしまう前に、適切な方法で治療することをおすすめします。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、坐骨神経が何らかの原因で刺激を受け、痛みを感じている状態をいいます。坐骨神経の走行に沿って痛みが出る神経痛の総称としても用いられ、主に足腰の不調が現れることが特徴です。

そもそも坐骨神経とは、腰椎や仙骨から足先にかけて伸びた末梢神経が1本にまとまったものをいいます。人の体では最も大きな神経にあたり、その太さはペン軸に匹敵します。腰から骨盤を抜けるように尻部に伸び、太ももの裏から足先へと走行しているのが特徴です。

また、坐骨神経は膝の裏を境に総腓骨神経と脛骨神経に分かれているのも特徴のひとつです。

坐骨神経痛の症状


坐骨神経痛が起こると、一般的に次のような症状が見られます。当てはまるものがないか確認していきましょう。

歩くたびに足腰の片側に痛みがある

歩行時は足の筋肉だけでなく骨盤や腰周辺の筋肉も動いています。足腰が動くことで坐骨神経に骨や筋肉が触れると、痛みが出てしまいます。

腰から足にかけて、痺れやだるさを感じる

腰から足にかけて痺れやだるさを感じる症状は、坐骨神経を圧迫している可能性があります。足腰を動かしたり楽な体勢をとることで一時的に改善される場合もありますが、動かすことで痛みに変わってしまうケースもあるため注意が必要です。

足が張って、ピリピリとした感じ(しびれ)がある

尻や太もも、すねやふくらはぎなど、足の広範囲に張り感や痺れが出る場合があります。立ったままの姿勢や座ったままの姿勢など、長時間同じ部位に負担がかかると症状が出やすくなります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛がどのように起こってしまうのか、その原因について知りましょう。

坐骨神経痛の原因は多種多様

坐骨神経痛にはさまざまな原因があり、主に次のような疾患から引き起こされます。

脊椎疾患

腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、変性側湾症、骨粗しょう症に伴う脊椎骨折

筋肉疾患

梨状筋症候群(梨状筋と呼ばれる筋肉が坐骨神経を圧迫する)

血管疾患

閉塞性動脈硬化症、閉塞性血栓血管炎

腫瘍性疾患

骨盤内腫瘍、脊髄腫瘍、脊椎腫瘍(がんの脊椎転移を含む)

婦人科疾患

子宮内膜炎、卵巣のう腫、骨盤輪不安定症(仙腸関節症)

内科疾患

胃・十二指腸腫瘍、急性膵炎、腎盂腎炎、尿管結石

精神疾患

ストレスなどによる心因性疼痛

過去もしくは現在、これらの疾患を患っている方は坐骨神経痛の原因となっていないか、専門医または専門家へ相談しましょう。なかでも、坐骨神経痛を招く代表的な原因は脊椎疾患です。次で詳しく見ていきましょう。

代表的な原因は腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛は単体で起こる疾患ではなく、何らかの疾患と併発する場合がほとんどです。以下では、坐骨神経痛を招く代表的な2つの疾患について見ていきましょう。

・腰部椎間板ヘルニアとは

腰部椎間板ヘルニアとは、椎間板の内部にある随核(ずいかく)という物質が椎間板から飛び出して坐骨神経を圧迫してしまう疾患です。遺伝的要因や環境的要因(重労働、農作業など)から起こると言われ、坐骨神経を圧迫するほど痛みや痺れが強くなります。

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症とは、加齢(主に65才以上)により脊柱管内が狭くなり、神経組織が圧迫される疾患です。発症原因は先天性と後天性に分かれ、近年では加齢による後天性の発症が多くなっています。腰部脊柱管狭窄症が発症すると、歩行時に痛みをともなう「間欠跛行」が起こりやすいです。

坐骨神経痛の対策や予防方法

坐骨神経痛の改善方法をご紹介します。無理のない範囲で生活に取り入れてみましょう。

ウォーキングなどの運動

ウォーキングやエアロバイクなどの運動で筋力を鍛えると、足腰への無理な負担が軽減されて坐骨神経痛の予防になります。下肢の血行が促進されることで筋肉のこわばりをほぐし、血行不良からくる坐骨神経痛の予防になります。

腰臀部の柔軟性を高めるストレッチ

坐骨神経痛の症状が軽度な場合、腰や尻、太もも周辺のストレッチを行うことも効果的です。デスクワークなどで腰部に長時間の負担がかかりやすい方は、適度なストレッチで下肢の血行を滞らせないようにしましょう。

坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛を治療するには、根本原因であるさまざまな疾患を治療する必要があります。整骨院では、主に次のような方法で坐骨神経痛を治療しています。

鍼灸治療

鍼灸治療ではマッサージでは刺激できない体の深部にアプローチをかけることが可能です。鍼治療では痛みをともなわない極めて細いステンレス鍼を用いて、経穴(ツボ)や筋硬結(コリ)を刺激します。

灸治療では筋肉や血管、リンパ管に1点集中の温熱刺激を与え、細胞の活性化や血流改善を図ります。日ごろ意識できない深い部分に刺激を与えられる鍼灸治療は幅広い疾患に適応しているため、長年完治しなかった坐骨神経痛やその原因にも効果を期待できます。

骨盤や腰の矯正

骨盤矯正や即効矯正では、歪みが出ている骨や筋肉を正しい位置へと戻します。即効矯正では歪みを瞬間的に取り除くことで辛い痛みを一時的に緩和します。繰り返し矯正を行うことで根本治療にもつながり、坐骨神経痛の原因にアプローチが可能。

骨盤矯正では無痛・無音で負担の少ない施術を行っています。ゆっくりと時間をかけて骨盤を矯正するため、すでに痛みが出ている方も安心して施術を受けられます。

筋肉のマッサージ

筋肉のマッサージでは、骨格の歪みやズレにより生じた筋肉への負担へアプローチします。痛みを引き起こすトリガーポイントへピンポイントで施術を行い、症状の改善を目指します。また、骨盤矯正や即効矯正など他の矯正との相乗効果を期待できます。

「突然痛くなって歩けないことがある」「長年の足のしびれに悩んでいる」「運動やストレッチで改善できなかった……」とお困りの方は、この機会にぷらす整骨院でプロの施術を受けてみてはいかがでしょうか。

ぷらす整骨院 体のお悩み解決本部


受付時間

  • 平日9:00~12:00、15:00~20:00
  • 土曜9:00~14:00
  • 休診日 ※「体のお悩み解決本部」は、ぷらす整骨院の情報発信チームです。お悩みのある方はぜひ、最寄りのぷらす整骨院へご相談ください。 ※記載している電話番号は、綱島院の連絡先になります。
今すぐお電話を
045-717-9990 ぷらす整骨院 体のお悩み解決本部詳細