PageTop
国家資格者の確かな技術で「痛み・不調のない日々」を取り戻すお手伝いをしています。
大阪・東京・横浜・神戸・広島のぷらす鍼灸整骨院
BLOGブログ

【ゴルフ肘の治し方は?】ゴルフ肘の原因と対策を紹介します

[スポーツ障害]

公開日:2020.2.10 / 最終更新日:2020.2.10

肘に痛みを感じている男性

多くのゴルフプレイヤーが経験する「ゴルフ肘」。

「肘の内側が痛み、ゴルフの練習ができない」
「しばらくゴルフを休んでも痛みが続き、日常生活にも支障が……」
このような症状で悩んでいる方も、結構多いのではないでしょうか。

今回はゴルフ肘に見られる症状や具体的な原因、早期回復に役立つ対処法などについて詳しく解説していきます。

ご自身やご家族の方が肘の痛みでお悩みのときは、ぜひこのページを参考にしてくださいね。

ゴルフ肘とは?

ゴルフプレイヤーに多く発症する肘の痛みを総称して「ゴルフ肘」と呼びます。

まずはゴルフ肘の具体的な症状や、痛みが発生する場所などについて確認していきましょう。

ゴルフ肘の症状

ゴルフ肘を医学的に説明すると、「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」というスポーツ障害に分類されます。

手のひらを上に向けて肘を真っ直ぐ伸ばすと、肘の内側の骨が少し出っ張っているのがわかりますよね。
その骨の出っ張りを「上腕骨内側上顆」と呼び、ゴルフ肘を発症すると、この部分が特に痛むようになります。

症状としてはゴルフスイングをしたときの痛みの他に、上腕骨内側上顆を手で押したときの圧痛、腕の曲げ伸ばしや手を強く握る動作での痛みなどが挙げられます。

趣味でゴルフをしていて、電車の吊り革につかまったり重い商品の入った買い物袋を持ったときに肘の内側が痛む場合は、ゴルフ肘を発症している可能性がかなり高いです。

テニス肘とは違うの?

肘のスポーツ障害といえば「テニス肘」を思い浮かべる方も多いですよね。

テニス肘は別名を「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」と呼び、肘の外側を痛める場合がほとんどです。

つまり痛みが起こる部分がゴルフ肘とテニス肘では逆になります。

また、野球肘はゴルフ肘と同様に「上腕骨外側上顆炎」という診断名がつく場合があります。

これは野球の投球動作とゴルフのスイングで、同じ筋肉を使うことが多いためです。

そのため、野球の練習中に発症したものを「野球肘」、ゴルフ中に痛めたものを「ゴルフ肘」というように区別をしています。

ゴルフ肘の原因

ここからはゴルフ肘を引き起こしてしまう原因について解説していきます。

練習のしすぎ

ゴルフスイングの動作にはクラブの重さを支える指や手首の筋肉や、肘を曲げ伸ばしするための筋肉が多く使われます。

これらの筋肉のほとんどはまとまって一つの腱となり上腕骨内側上顆に付着しているため、スイングの練習をすればするほど疲労がたまって腱が炎症を起こしてしまうのです。

短期間でのオーバーユース(同じ部分の動かしすぎ)はゴルフ肘を引き起こす大きな原因となります。

スイングフォームの乱れ

ゴルフ肘はゴルフを始めたばかりの初心者や中級レベルの方に多く発症するのですが、その理由はスイングフォームの乱れにあります。

  • ダフってしまうことが多い。
  • クラブを握る手が力んでしまっている。
  • 手首のひねりでスイングしている。
  • 両肘に力を入れて振り抜いている。
  • 肘と脇が離れた状態でスイングしている。
  • 身体のひねりを使わずに手の力だけでスイングしている。

このようなスイングフォームはゴルフ肘を引き起こす原因となるので、心当たりがある方はしっかりと改善しましょう。

加齢による衰え

ゴルフ肘は骨に痛みや炎症があると思われがちですが、実際は骨に着している「腱(けん)」という組織のトラブルです。

「靭帯」が骨同士をつなぐ組織なのに対し、「腱」は筋肉と骨をつなげています。

ちなみに皆さんがよく聞く「アキレス腱」は、ふくらはぎの筋肉(ヒラメ筋と腓腹筋)が、かかとの骨に付着する部分のことを指しているのをご存知でしたか?

ゴルフ肘は趣味でゴルフを楽しむ中高年の方に多く発症します。
筋肉と異なり腱は鍛えて丈夫にすることができないため、加齢とともに腱が衰えてゴルフ肘を発症しやすくなってしまうのです。

ゴルフ肘にはまず「RICE処置」を!

RICE処置
スポーツ中のケガや痛みなどを放置すると後遺症が残ってしまったり、痛めた部分を無意識にかばって他の部位を痛めてしまう可能性が高くなってしまいます。

ゴルフ肘などのスポーツ障害で痛みが出た場合は、なるべく初期の段階で「RICE処置」を行ないましょう。

「RICE処置」とは応急処置の基本となる安静(Rest)・冷却(Icing)・圧迫(Compression)・挙上(Elevation)の頭文字を組み合わせたものです。

ケガをしたらすみやかにスポーツを休止して安静に。炎症を鎮めるためにアイシングを施し、包帯などで圧迫します。

内出血や腫れを防ぐために、心臓より高い位置まで患部を挙上しましょう。

これらの処置を適切に行なうことが、早期の回復につながります。

ゴルフ肘の治し方


RICE処置以外にも、ゴルフ肘を治す方法はまだまだたくさんあります。

ここからは自宅で簡単にできるストレッチや整骨院での施術内容などについてご紹介しますので、ゴルフ肘の改善にぜひお役立てくださいね。

ストレッチ

ゴルフ肘の原因となる前腕の筋肉「回内筋(かいないきん)」や「手根屈筋(しゅこんくっきん)」などを伸ばすストレッチを1つご紹介します。

  1. 右手のひらを上にして右腕を真っ直ぐ伸ばします。
  2. 左手で右手の指をつかみ、指先が地面に向くように右手首を曲げます。
  3. 痛くないギリギリのところで20秒キープします。
  4. 3の状態から右手の指先を左側(時計の8~9時の方向)にひねります。
  5. 痛くない程度のところで20秒キープします。
  6. 元の位置に戻します。

痛みが出ていない場合も、予防として左右同様に2回ずつ行ないます。

ストレッチで肘の痛みが強くなる場合は無理に手首を曲げないよう注意しましょう。

物理療法

整骨院などでゴルフ肘の治療をするときに行われるのが、「電気治療(ハイボルト治療)」や「超音波治療」を代表とする「物理療法」です。

これらの施術には炎症を鎮めて痛みを緩和させる効果があるのですが、同時に硬くなった腕の筋肉をほぐす作用も働くため、より効率的にゴルフ肘を改善できます。

テーピング

ゴルフ肘を発症したあとすぐに練習を休んだとしても、肘関節や腕には日常のちょっとした動作で負荷がかかるため、治りが遅くなってしまう場合があります。

そのようなときに有効なのが、テーピングです。
ゴルフ肘に対して行なうテーピングには、筋肉や肘関節の動きを制限したり、腕に掛かる負荷を軽減させる効果があるため、痛みの緩和につながります。

日常生活でも肘の痛みが気になるという方はまず身体の専門家に相談して、症状に合ったテーピングをしてもらうことをオススメします。

ゴルフ肘でお悩みのときは身体の専門家へ!

ぷらす鍼灸整骨院の施術風景

ゴルフ肘を発症してから1週間ほど安静にしていても痛みが引かないときや、日常生活に支障をきたすほど痛みが続く場合、別のケガを併発している可能性が考えられます。

中には神経痛を引き起こしていたり他の靭帯を同時に損傷していたというケースも意外と多く存在するため、肘の痛みが気になったときはなるべく早い段階で身体の専門家へ相談しましょう。

わたしたち「ぷらす鍼灸整骨院」ではゴルフ肘はもちろん、その他のスポーツ障害や身体の痛みに対しても、患者さま一人ひとりの症状に合わせた最適な施術をご提案させていただきます。

特にスポーツ障害は、痛みが解消したとしても原因となる身体の使い方を改善しなければ再発する可能性が高くなってしまいます。

さまざまなスポーツを経験し専門的な知識を取り入れたスタッフが再発を防ぐためのポイントなどをアドバイスしますので、身体の痛みで気になることがあればぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

今回はゴルフ肘の症状や原因、治療方法などについてご紹介しました。
スポーツ障害は痛みが出た初期の段階で身体の専門家へ相談することが、早期回復の決め手となります。

しかし、痛みがあるためゴルフの練習を控えたいけれど、どうしても断れないお誘いを受けることもありますよね。

そのようなときは市販のゴルフ肘用サポーターなどを活用して悪化を防ぐのも、対策として有効です。

私たちぷらす鍼灸整骨院でも専門家による正しいゴルフ肘テーピングをさせていただいておりますので、ご不安な時はいつでも気軽にご相談くださいね!

ご紹介したストレッチも積極的に取り組みつつ、肘の痛みをしっかりと改善していきましょう。