PageTop
大阪・東京・横浜・神戸・広島のぷらす鍼灸整骨院

columnお悩み解決コラム

四十肩(五十肩)を一刻も早く治したいときの王道の対策ガイド

四十肩・五十肩

公開日:2021.3.24 / 最終更新日:2021.4.14


腕を動かそうとしたら、肩に急に激痛が!

これってもしかして四十肩?と不安になり、お悩みかもしれません。

「四十肩」ってなんだかよく分からないし、つらい痛みは一刻も早く改善したいですよね。

この記事では、筋肉と関節のプロである柔道整復師が、四十肩の治し方や原因について詳しく解説しています。

少しでも早く元の状態に戻れるよう、解決策を実践しましょう。

① 四十肩を一刻も早く治す方法3選


四十肩の痛みは大変つらくて、「激痛」といっていいレベルです。

そのため、痛みを改善することに目が行きがちですが、痛みと同時に見逃せないのが腕や肩の動き。

痛みと腕の動き、両方の改善を目標にします。

  • 専門家による治療を受ける
  • ストレッチ
  • 生活習慣の改善

専門家による治療を受ける

四十肩は短時間で治ることはほとんどなく、すみやかに専門家の治療を受けることが最短の改善策です。

あまりの痛みに痛み止めの飲み薬や湿布薬が必要だと感じたら、整形外科などで処方してもらうことができます。

ただし、四十肩は痛みだけを抑えてもあまり意味がありません。

表面の筋肉と奥の筋肉両方のトラブルに働きかけつつ、しっかり体操をする必要があります。

おすすめは鍼灸整骨院などで、体のプロに運動療法を指導してもらうこと!

詳しくは後述しますが、的確なアドバイスと指導で、自分だけで治すよりずっと早く改善することができます。

ストレッチ

痛いながらも日常生活の動作にある程度折り合いがつけられるようになったら、積極的な体操やストレッチを行います。

四十肩の場合、体操やストレッチには痛みがつきものだと覚悟してください。

痛いのをちょっとだけ我慢して動かさないと、肩や腕の動きが悪いまま固まってしまう可能性があるのです。

代表的な「振り子体操(アイロン体操)」と言われるものをご紹介しましょう。

  1. 机などに痛くない方の腕をついて、上半身を前かがみにする
  2. 痛い方の腕をだらりと垂らし、動かせる範囲で動かしていく
  3. 上下、左右と動かし、できるならくるくると回転させる動きを行う
  4. 慣れてきたら水を入れたペットボトルなどの重りを持って行う

もしも自分で加減が分からないと感じたら、整骨院などで専門家にストレッチの指導を受けるといいでしょう。

生活習慣の見直し

長年の体の使い方や姿勢が四十肩の大きな原因のひとつとされています。

肩に極端な負担をかける姿勢や動き、肩こりが悪化する姿勢などは、状態を悪化させる恐れがあります。

猫背、肩が前に出ている巻き肩姿勢などを意識して改善する必要があるでしょう。

巻き肩や姿勢を改善するストレッチの動画はこちらを参考にしてください。

四十肩の症状がひどい場合は痛みが改善してから行って下さいね!

② 四十肩の症状と原因


そもそも四十肩、もしくは五十肩とは通称です。

どちらも同じ状態を指し、肩が激しく痛いのが特徴です。

症状は非常に特徴的なので、自分が四十肩(五十肩)かと不安な方はチェックしてみて下さい。

  • 正式名称は「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」
  • 四十肩の特徴、肩こりとの違い
  • 原因ははっきり分からない

正式名称は「肩関節周囲炎」

四十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」。

その名のとおり肩の関節の周囲に炎症が起き、腕を動かそうとすると激痛が走る状態です。

四十代や五十代に多いので四十肩、五十肩などと呼ばれますが、もちろん二十肩のことだってあるわけです。

程度がひどい人は、肩のレントゲンを撮ると関節の周りに石灰が付着して真っ白に映ることがあります。

四十肩の特徴、肩こりとの違い

四十肩は肩こりとはまったく症状が異なります。

痛みは単純な肩こりより強く、腕が動かせないために日常動作を行うのが困難な場合もあります。

以下が四十肩の特徴ですので、不安な方はチェックしてみましょう。

  • ある日突然肩が痛くなり、腕を動かすと激痛が走る
  • 片方の肩だけ(まれに両肩同時に起こることもある)
  • 安静にしていても痛い
  • 肩が痛くて夜眠れない
  • 下着や衣服の着脱が困難
  • 痛みはひいてきたが、肩が固まってしまって腕が上がらない

原因ははっきり分からない

肩関節周囲炎は原因不明であることが多く、はっきりとした原因が特定しづらいのも特徴です。

肩関節にある「腱板(けんばん)」という部分の老化や、極度の肩こり、悪い姿勢が原因の一つとされています。

絶対的な原因があるというより、負担が複数組み合わさった結果だと考えられます。

運動不足や悪い姿勢は四十肩の大きな原因になりますので、体操やストレッチは予防のためにも行った方がいいでしょう。

③ 四十肩の治療には鍼灸整骨院がおススメ!4つの理由


極論ですが、四十肩は放っておいてもある程度治ります。

「ある程度」というのは、痛みは改善されるという意味です。

肩の関節が動かなくなり、腕を動かせる範囲が狭くなったりしますから、放置するのはおすすめできません。

もし四十肩になってしまったら…一刻も早く、鍼灸整骨院に行くことを強くおススメします!

  • 四十肩の症状には「ステージ」がある
  • 鍼灸整骨院では表面・深層の両方の筋肉にアプローチできる
  • 関節運動は筋肉と関節のプロに任せよう
  • 肩の動きを取り戻すのが大切

四十肩の症状には「ステージ」がある

四十肩の症状は時間の経過とともに変化し、最適な治療方法もそれに合わせて異なります。

  1. 炎症期 痛みが激しく腕も動かせない時期。夜眠れないほどの夜間痛が起こることもある。
  2. 拘縮(こうしゅく)期 痛みが和らぎ、痛い場所がピンポイントでわかるようになってくる時期。ただし肩の関節が固くなって腕を動かしづらい状態、関節拘縮(かんせつこうしゅく)が始まる。
  3. 回復期 痛みが完全に消える。炎症の影響で肩周囲の筋肉が固くなり、関節拘縮が固定化されると腕を動かせなくなる。

このステージに合わせ、安静にした方がいいのか積極的に動かせばいいのか、運動レベルを変える必要があります。

このサジ加減は自分だけで体操していると非常に分かりづらいのです。

鍼灸整骨院では表面・深層の両方の筋肉にアプローチできる

四十肩は表面の筋肉とともに、奥の筋肉にもアプローチする必要があります。

鍼灸整骨院なら、マッサージや体操で表面、そして鍼(はり)治療で奥の筋肉にアプローチ。

痛みを最小限に抑えつつ、効率的な改善が期待できます。

関節運動は筋肉と関節のプロに任せよう

鍼灸整骨院では症状のヒアリングを行い、患者様がどのステージにいるのかを判断します。

整骨院にいる柔道整復師は筋肉と関節のプロ!

最適な体操方法、適切な負荷を考えて指導してくれます。

もちろん自宅で自分自身が行う体操も大切ですが、きちんと姿勢を正した上で適切な負荷を加えた運動療法を行うことで、四十肩の回復はグッと早まるのです。

肩の動きを取り戻すのが大切

四十肩は痛みがとれても関節拘縮のせいで「腕が動かしづらい」といった後遺症が残りやすいのが特徴。

それこそが、きちんと治療するために整骨院をおススメする理由のひとつです。

関節を固めないためには、ある程度の痛みは覚悟の上で体操して関節を動かすことが必要なのですが、自分だけではなかなか実践できません。

一人では痛みを我慢して運動療法を行うのは難しいですし、どこまで無理していいのかもわかりませんよね。

整骨院なら柔道整復師の指導のもと、治ったあとに肩がきちんと動くような施術を行ってもらえるのです。

④ 四十肩を早く治したい方はぷらす鍼灸整骨院にお任せください!


四十肩は放置すると痛みが引くまで半年前後かかることも多く、治療開始が早いほど後遺症も少なく済みます。

つらい痛みを一刻も早く改善したい方は、ぜひぷらす鍼灸整骨院にお任せください!

四十肩の治療経験が豊富な国家資格者である柔道整復師が、あなたの今の状態に合わせた施術を行います。

痛みが強い場合は運動療法と合わせて「鍼治療」「電気治療」などで痛みを和らげることもできますよ。

運動療法だけでなくさまざまな方法で、痛みを軽減しつつ肩関節の動きを引き出します。

お悩みの方はお気軽にぷらす鍼灸整骨院にご相談下さい。

まとめ

四十肩の痛みは夜も眠れないほど強く、つらいものです。

放置すると高い確率で関節が固くなり、腕を動かしづらくなってしまいます。

早く治すためにはステージにあった体操がポイント。

少しでも早く適切な運動療法を開始するためにも、ひとりで悩まずぷらす鍼灸整骨院にお任せ下さいね!

この記事を監修してくれた先生

髙山 智仁先生

東京医療福祉専門学校 鍼灸科学科長・キャリアセンター長
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師

「患者様の立場になって考える」ことをモットーに、東洋医学・鍼灸の視点から本当の健康を追求し続けている。
現在は教員として、次世代を担う鍼灸師の育成にも取り組んでいる。

     

出店物件募集

          ぷらす鍼灸整骨院ではさらなる店舗拡大のため出店可能物件を募集しております。
           詳しくはこちらから >>