PageTop
ぷらす鍼灸整骨院TOP
BLOGブログ

生理中でも整骨院に通うことは可能?注意すべき点とは

[生理痛]

2019.10.1

生理中の女性

生理中に長い時間横になり、施術を受ける必要のある整骨院へ行くのは不安なものです。また、施術を受けることで「生理痛が悪化するのではないだろうか」と心配の方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、極端に体調が悪化していなければ、施術を受けても問題はありません。それよりも、整骨院で受けられるプロの施術によって、体のだるさや腰回りのハリ、生理痛といった生理中の悩みを改善できる場合は多いものです。

ここでは「生理中に整骨院で施術を受けられるのか?」といった疑問を解消し、利用する際の注意点や施術についてお伝えします。

生理中でも整骨院に行くことは可能?

日常生活に、影響を及ぼす側面が多い女性の生理。人によっては生理痛がひどく起きているのも辛いほどです。生理中の整骨院の利用について、見ていきましょう。

生理中でも整骨院で施術は受けられる

前述のとおり生理中であっても、体調そのものに問題がなければ整骨院で施術を受けることは可能です。また整骨院の施術で用いられている電気治療に関しても、生理中に施術を受けることは問題ありません。

施術を受けることで、生理中に起こる体のだるさや腰のハリの軽減が期待できるでしょう。そして、悩みの種である生理痛は、骨盤の歪みによって悪化することも。そのため、骨盤を矯正することで生理痛を和らげることができる場合もあるのです。

また骨盤矯正を行うと、骨盤内部の血の巡りが良くなるため、生理中に悩まされる腰回りのハリが軽くなり、生理痛の軽減につながるといわれています。

女性の骨盤は生理の直前に開き始め、生理が始まって1~2日が最も大きく開くときです。このとき生理の出血は多くなります。生理が終わるころには骨盤が閉まりはじめ、排卵期には骨盤は完全に閉まります。

この周期は生理周期と密接にかかわっているため、継続的に骨盤矯正を行うようにしましょう。
ただし、生理の1~2日目は経血量が多く、体調が優れない場合が多いため、体調と相談して無理のない範囲で施術を受けると良いでしょう。

また、生理中は体がデリケートな状態にあるため、通常なら影響がない施術に対しても、痛みを感じる場合があります。そのときは我慢せずに担当施術師に伝えましょう。

生理中のマッサージはよくない?

「生理中にマッサージを受けてしまうと、体によくない影響があるのでは?」と心配になる人もいるのではないでしょうか。しかし、整骨院で受けられる、正しい手法でのマッサージであれば問題はありません。

マッサージを受けると筋肉がほぐれます。すると体内の血液循環が良くなり、生理の出血がスムーズに。

マッサージは自律神経を整える効果も期待できるため、生理中にあらわれやすい顔のほてりや手足の冷えといった症状の改善が期待できます。

その他にも、マッサージを受けることによって、生理中の悩みの原因であるホルモンバランスの乱れを改善することができるといわれています。そのため整骨院へ通うことで、生理中のさまざまな悩みを解決できる可能性が高まるのです。

また生理中は体が水分を溜め込みやすい状態になるため、顔や足などがむくみやすくなります。そのような症状にもプロのマッサージは効果的です。体の巡りを良くすることで、悩みのためであるむくみを解消してくれるのです。

また、マッサージのリラックス効果は、生理中の辛いストレスの緩和にもつながります。
マッサージによって出血が増えるという話も聞きますが、これは「出ていく必要がある経血が排出されている」ということなので心配はありません。

ただし生理中に関わらず、マッサージを受けると血行がよくなるため、体がだるく、そして重たく感じるようになることもあります。多くの整骨院では事前にその旨の説明を行ってくれますが、しっかりと確認をしておき、マッサージ後の体調の変化についても理解をしておくとよいでしょう。

生理中に整骨院を通う際の注意点

生理中に整骨院で施術を受けるにあたり、注意しておきたいポイントをご紹介します。正しい知識を身につけ、安心して整骨院の施術を受けられるように準備しておきましょう。

出血量が増える場合がある

前述のとおり、施術を受けると体内の血液循環が良くなって筋肉がほぐれ、一時的に経血の量が増えることがあります。しかしこれは、デトックス効果が高まっている状態です。本来出ていくべきものが排出されているだけなので問題ありません。

「出血量が多い」「生理がなかなか終わらない」という症状を過多月経といいますが、それは施術による経血量の増加とは異なります。整骨院で施術を受けた後に、一時的に出血の量が増えているだけなら正常の範囲内です。

施術の有無に関わらず、生理用品では間に合わないほどの出血が続いている場合は、子宮筋腫や子宮内膜症といった病気が隠れている可能性があります。その場合は、専門医に相談しましょう

経血を漏れないようにするには?

生理中に整骨院で施術を受けるとなると、経血の漏れが心配になります。リラックスして施術を受けるためには、事前の準備が必要です。

例えば、施術中に経血量が増えることを想定して、夜用の生理用品をつけておくと良いでしょう。また施術後の漏れを防ぐため、交換用の生理用品を用意しておくと安心です。

万が一、経血の漏れが起こったときのために、汚れを最小限に抑える機能があるサニタリーショーツを履いておくことをおすすめします。さらにその上にスパッツをはいておくと、施術への影響を最小限にしつつ汚れの心配を軽減してくれます。

整骨院に行く場合は生理中であると言うべき?

整骨院は健康を目的とした施設とはいえ、自分が生理中であることを伝えるのは抵抗があるかもしれません。しかし生理中は体が刺激に対し、敏感になっている時期。状況に応じた施術を行ってもらうために、施術を受ける際には事前に生理中であることを伝えておくことをおすすめします。

生理中は、体の状態がいつもと比べてデリケート。そのため、施術にはいつもと違ったケアが必要です。また施術中に体調が優れなくなることもあるため、施術前に受付の担当者や担当施術師に生理中であることは伝えておくことが望ましいといえます。

施術前に生理中であることが分かっていれば、状況に応じて施術方法を変えることができます。ぷらす整骨院では、患者様の体調を確認しながら最適な施術を進めることが可能です。施術師は女性特有の体調不良についてもきちんと対応しておりますので、生理中であることもお気軽にお伝えください。

まとめ

「むくみをとる」「自律神経を整える」「骨盤を矯正することで生理痛を和らげる」など、施術には生理中の辛い症状を緩和する効果が期待できます。施術後には一時的に出血量が増えることがありますが、それはデトックス効果が高まっている証拠です。

生理中に整骨院で施術を受けるのは、経血の漏れなども不安な原因のひとつかもしれません。しかし、衣服や生理用品の使い方に気をつけることで、汚れなどの心配を軽減することができます。

また、あらかじめ生理中であることを伝えておくことで、体調に合わせた方法で施術を受けることができます。