PageTop
大阪・東京・横浜・神戸・広島のぷらす鍼灸整骨院

columnお悩み解決コラム

【カロリーは関係ない?】太りにくい体を手に入れる6つのポイント!

ダイエット

公開日:2022.5.18 / 最終更新日:2022.5.18


「ダイエットに何度も失敗している」「一時的に体重が減っても、すぐにリバウンドしてしまう」…そんなお悩みはありませんでしょうか。

こちらのページでは、太りにくい体を手に入れる6つのポイントをご紹介しています。ダイエットを成功させたい方は要チェックです!

①太りにくい体を手に入れるための6つのポイント

むくみ

  • 太りにくい体を手に入れるには基礎代謝をアップさせることが重要
  • 食習慣や食べ方の見直しも、太りにくい体を手に入れるためには欠かせない
  • 体重よりも体型が重要であることを忘れない
  • 過度の食事制限はリバウンドの原因であることを知っておく

それでは早速ですが、太りにくい体を手に入れるための6つのポイントを見ていきましょう。

基礎代謝をアップさせる

太りにくい体を手に入れるポイントの1つが、基礎代謝をアップさせることです。

基礎代謝とは、簡単に言うと覚醒時に生命活動を維持するため消費されるエネルギーのことを意味します。

脳や内臓、筋肉などが活動する際に消費されるエネルギーも基礎代謝に含まれます。

つまり、基礎代謝がアップすれば、自然と太りにくい体質に変わることが期待できるのです。

基礎代謝のおよそ2割に筋肉量が関わっています。

食習慣を見直す

太りにくい体を手に入れるためには、食習慣を見直すことも欠かせません。

食べ過ぎを避けることはもちろんのこと、見た目太りを招くむくみを避ける食習慣にすることも重要です。

水太りやむくみにお悩みの方は、こちらの記事もご覧ください。

食べ方を改善する

食べ方を改善することも、太りにくい体を手に入れるポイントの1つです。

例えば、空腹に任せて急いで食べていると、満腹中枢が刺激される前に食べ過ぎてしまう恐れがあります。

野菜を先に食べ、ゆっくりと食事を楽しむなど工夫するとよいでしょう。

体重よりも体型が大事

太りにくい体を手に入れるときに意識してほしいことの1つが、体重よりも体型の方が大事だという点です。

いくら体重を落としても、ポッコリお腹や出っ尻では意味がありませんよね。

仮に身長が158㎝で、体重が59㎏あったとしても、アスリートであればスリムに見えるはずです。

過度の食事制限は逆効果

太りにくい体を手に入れるためには、過度の食事制限が逆効果だということを知っておかなければなりません。

確かに体重を減らすもっとも簡単な方法が食事制限です。しかし、食事制限だけをおこなった場合、筋肉量が減少することも忘れてはいけません。

筋肉量の減少は基礎代謝の低下を招き、かえって痩せにくい体質になってしまいます。

カロリーにとらわれすぎない

ダイエットというとカロリーを気にされる方も多いですが、カロリーにとらわれる過ぎるのも問題です。

カロリー自体よりも、タンパク質・炭水化物・脂質のバランスを意識しましょう。

また、脂質の中でもオリーブオイルやフィッシュオイルなど、良質な油をとることがおすすめです。

カロリーをどれくらい摂るのかではなく、何からカロリーを摂るかの方が重要です。

②太りにくい体を手に入れるのにおすすめのエクササイズ

  • 太りにくい体を手に入れるには、スプリットスクワットがおすすめ
  • 日々の生活にウォーキングを取り入れることで、太りにくい体を手に入れることにつながる
  • 階段の昇り降りも太りにくい体を手に入れたい方におすすめ

太りにくい体を手に入れるためには基礎代謝の向上が欠かせません。そんな時におすすめのエクササイズをピックアップして3つご紹介します。

スプリットスクワット

基礎代謝を向上させるためには、キング・オブ・エクササイズとも呼ばれるスクワットが効果的です。

ただ、通常のスクワットはきつくて続かないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方におすすめのエクササイズがスプリットスクワットです。

足を前後に開いて行うタイプのスクワットで、筋力が弱い女性でも簡単に取り組むことが可能です。

  1. 足を前後に大きく開いて立つ
  2. 両ひざを曲げながら上半身をまっすぐ下におろす
  3. 前の太ももが床と並行になったら元の姿勢に戻る
  4. 前後の足を入れ替えて10回ずつおこなう
慣れてきたら徐々に回数を増やしていきましょう。

ウォーキング

太りにくい体を手に入れるための簡単な方法としては、ウォーキングも挙げられます。1日に10分歩くだけでも、消費カロリーはおよそ30キロカロリーとなります。

1年間続けた場合、30×30×12=10,800キロカロリーとなり、およそ1.5㎏の減量(および体重増加の予防)が期待できます。

ジョギングに比べると、膝への負担が少ない点もおすすめポイントと言えるでしょう。

20分以上歩かないと意味がないなどということはありません。継続は力なりです。

階段の昇り降り

階段の昇り降りも、太りにくい体を手に入れたい方におすすめの簡単なエクササイズです。同じ高さを上る場合、坂道を上るよりも階段を昇る方が筋肉に大きな負荷が掛かります

筋肉量が増えれば基礎代謝も向上し、痩せやすい体質になるのは先述した通りです。日々の生活に階段の昇り降りを取り入れましょう。

自宅でエクササイズする場合は、踏み台昇降運動もおすすめです。

③太りにくい体になるための体型改善法

  • 太りにくい体型を実現するためには、姿勢を見直すことが欠かせない
  • 腹式呼吸で腹圧を高めることも見た目痩せにつながる
  • 重心バランスを整えることでむくみを解消しやすくなる

冒頭でもお話ししましたが、体重を気にすることはもちろんですが、体型を改善すると見た目をスッキリさせることが期待できます。そのための方法を3つご紹介します。

姿勢を見直す

体型を改善するために何よりも重要なことが、普段の姿勢を見直すということです。

例えば女性に多くみられる反り腰の場合、腰痛のリスクを高めるだけでなく、下腹部やお尻がぽっこり出て見えると言ったデメリットもともないます。

体重を減らしても体型が改善しないと、健康的に痩せて見えません。

反り腰で下半身太りにお悩みの方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

腹式呼吸を行う

体型を改善するためには、腹式呼吸を意識的におこなうことも重要です。

腹式呼吸をおこなうと腹圧を高めることにつながるため、お腹まわりをスッキリ見せられるようになります。

鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、口からゆっくり息を吐き、お腹をへこませましょう。

重心バランスを整える

普段あまり意識することがないかもしれませんが、重心バランスを整えることも、体型を改善することにつながります。

次のような方法で重心バランスを整えると、足のむくみを改善効果や、見た目痩せ効果も期待できます。

  1. 両足を肩幅程度に開いて立つ
  2. つま先はまっすぐ前に向ける
  3. かかとを上げてつま先立ちする
  4. 5秒したら元の姿勢に戻る
  5. 最初は10回から、慣れてきたら回数を増やす
かかとの上げ下げをするとき、足が「ハ」の字にならないよう気を付けましょう。

④太りにくい体を目指す方はぷらす鍼灸整骨院にお任せください!

ぷらす鍼灸整骨院

  • 骨格矯正で見た目瘦せをサポートしている
  • 痩せやすい体質になるためのアドバイスが受けられる
  • 身体に関する専門家が施術をおこなっている

ぷらす鍼灸整骨院で太りにくい体を手に入れる方法

ぷらす鍼灸整骨院では、骨格矯正や姿勢矯正の施術で体型や姿勢を改善し、見た目瘦せの実現をサポートしています。

また、筋膜リリースで筋緊張を取り除き、見た目太りの原因となるむくみの解消にも取り組んでいます。

体型を改善することが、筋肉を上手に使うことにもつながります。

ぷらす鍼灸整骨院がおすすめの理由

ぷらす鍼灸整骨院では、痩せやすい体質になるためのアドバイスを受けられる点がおすすめポイントです。

また、国家資格を持つ専門家が施術をおこなっており、安心して大事なお身体をお任せいただけます

自宅でできる簡単なエクササイズもアドバイスしています。

整骨院のダイエットメニューについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

まとめ

太りにくい体を手に入れるためには、単に食事量を減らすだけでは十分と言えません

基礎代謝を高め、体型を改善することで、本当の意味で太りにくい体を手に入れることができます。

なかなか痩せられないという方は、ぷらす鍼灸整骨院までご相談くださいね。

この記事を監修してくれた先生

髙山 智仁先生

東京医療福祉専門学校 鍼灸科学科長・キャリアセンター長
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師

「患者様の立場になって考える」ことをモットーに、東洋医学・鍼灸の視点から本当の健康を追求し続けている。
現在は教員として、次世代を担う鍼灸師の育成にも取り組んでいる。

     

出店物件募集

          ぷらす鍼灸整骨院ではさらなる店舗拡大のため出店可能物件を募集しております。
           詳しくはこちらから >>