SPORTS TRAINER

スポーツトレーナー

とっておきの感動を
選手と共に。

一歩ずつ着実に前へ
選手と共に闘う一流トレーナーへの道

スポーツに熱中したことがある人なら
実感したことがあるはず。
大事な舞台で最高のパフォーマンスを発揮するためには、
日頃の入念なケアやコンディションの調整が
いかに大切かということを。
「選手を舞台裏で支えるスポーツトレーナー」を
本気で目指す方のために
“ぷらす”では一歩ずつ着実に成長できる、
専門の育成プログラムを用意しています。

SKILL UP PROGRAM

  • “ぷらす”独自の
    スポーツトレーナー育成プログラム
    「メディカル」と「コンディショニング」の
    Wアプローチ

    けがに悩むアスリートを現場復帰まで支える「メディカル」(治療)。パフォーマンスUPとコンディションを整える「コンディショニング」(指導)。Wアプローチにより選手を完全サポート。各スポーツ毎の競技特性に合わせ、段階的に学んでいきます。

  • 現場で重視される
    コミュニケーション能力

    選手がなによりもパートナーであるトレーナーに求めるスキルはコミュニケーション能力。現場での悩みを知ってくれているか、大切な自分の身体を預けたいと思えるか、トレーナーには安心して任せられる確かな「信頼関係」が求められています。選手の本音に気づけた時、選手と同じ目標を共有できるようになるのです。座学はもちろん、アシスタントとして現場に出ながら生のコミュニケーションを経験することで、自然と必要なスキルを身に付けることができます。

  • 心と体のバランスを診る
    コーディネート技術

    心と体は一つ。常に繋がっています。それらは繊細に変動し、うまくバランスを取ろうと働いています。その微々たる動きを摑み、正しいバランスへ整えてあげるスキルがコーディネート力です。テーピング、トレーニングメニューの作成、ウォーミングアップの指導、ストレッチなど目の前の現場で常に最高のパフォーマンスができるよう、選手をコーディネートする技術を学んでいきます。

  • ランクアップシステム

    最初はアシスタントとして現場同行を重ね、テストを合格するとチーム担当責任者、メディカルチェック責任者へと進みます。適正があればトレーナー希望者の指導・育成担当も可能です。講義・実技受講と現場実習で確実にステップアップ出来ます。

  • 講義例

    • シナジージャパンのトレーナーの役割とはなにか
    • スポーツ外傷・障害の基礎知識について
    • 予防・コンディショニング・アスリハについて
    • 救急処置・栄養について etc...
  • 実技・実習例

    社会人アメフトXリーグ所属J-STARS、大学サッカーリーグ所属チームなど、提携しているチームの試合や練習に帯同し、トレーナーとしてチームに携わり実地訓練を学びます。

LEAD(指導)

選手の本音に気づける、
かけがえのないパートナーで
あるために。

森ノ宮院長 野田健一

(トレーナー育成プログラム担当講師)

高校卒業後、アメリカでスポーツ医学を本格的に学びたいとの思いからNATA(全米アスレティックトレーナーズ協会)の資格取得を目指し渡米。カレッジ卒業後、日本で5年間の修行期間中、プロ選手へのトレーナーという仕事に携わりながら、目標と理念を固め独立開業。その後ぷらす整骨院へ入社。現在は「トレーナー事業部」を運営しながら、トレーニング施設を完備した治療院の設立とそのトレーナーを育成中。

メッセージ

スポーツトレーナーは、選手生命すなわち選手の命を預かり支えていくという非常に重大な仕事です。
選手が何を優先するか、目指すべきゴールはどこかによって、トレーナーが求められるものも変わります。
支え、励まし、判断し、指導し、一つ一つの現場を戦いながら共に乗り越え、信頼し合えるパートナーにならねばなりません。そのためには幅広く着実な学びと知識が必要です。同時に現場をいかに知っているかも問われます。全ての要素を網羅したトレーナー育成プログラムによって、考え方や知識・技術をゼロからしっかり教えていきます。

CONTACTS

“応募・お問い合せについて”

We’re waiting for you!