PageTop
ぷらす鍼灸整骨院TOP
BLOGブログ

この時期多い頭痛

[頭痛]

2017.7.6

50代女性の患者様で、頭痛に数十年悩み続けていた患者様に来院して頂きました。
部位はこめかみ部から側頭部、常に痛み止めを服用し、締め付けられるような痛みがあり、とくに雨の日の前日が一番辛いとのことでした。
 
雨の日、もしくはその前日に決まって頭痛が強くなるという人は、気圧の変化に敏感な方が多いです!
雨の日は気圧が下がります。気圧が下がることにより、首の骨の関節部、もしくは頭蓋骨内の内圧が高くなり、周辺の神経を圧迫してしまい頭痛が起こりやすいとされています。
イメージとしては、高い山に登るとポテトチップスのような袋に入ったお菓子などはパンパンに膨らみます。標高が高くなり、地上と比べて気圧が変化することにより起こる現象なのですが、体の中でも同じようなことが起こっているのです!!
 
その患者様には矯正治療を行い、首周りの骨の歪みを整え、関節にかかる圧をとることで、次の日からは痛み止めを服用しなくてもよい程に頭痛が改善されました!!
 
梅雨はまだまだ続きますので、天気により頭痛が起こる方は是非ぷらす整骨院の矯正治療を受けてみて下さい。