PageTop
BLOGブログ

坐骨神経痛に鍼

[坐骨神経痛]

2017.8.5

先日、右のお尻からすねにかけてきつい痺れと、痛みが出ている患者様が来院されました。
状態を診させていただくと、明らかに体重が片側にかかっており、まずはその負担をとるように矯正治療でしっかりと骨盤から全身のゆがみをとらせてもらい直後もかなり楽になったとお帰りになりました。
次の治療の時からは、また同じ症状が出ていたので骨盤矯正をしながら、しっかりと筋肉をほぐしたのですが、症状があまり変化せずでした。
そこで、マッサージの後に必ずと言っていいほどだるさや夜の痛みが出ていたので、鍼治療だけの刺激にかえてみました。
マッサージが皮膚からの押す刺激なので、敏感な方はだるさが出やすかったりします。
鍼に関しては、直接筋肉の奥に刺激を入れることができるので、人によってはマッサージよりも楽に受けて頂きやすいのです。
マッサージの治療を受けて、毎回だるさや痛みがでる、または、いわゆる揉み返しみたいなものが出る方は、一度鍼治療を受けて頂けると、今までとは違う効果を感じて頂けると思います。