PageTop
ぷらす鍼灸整骨院TOP
BLOGブログ

腰痛の原因は腰だけにあらず!!

[腰痛]

2017.3.31

先日、腰が痛いと患者様が来られました。
詳しくお話を聞くと、
昨日からいきなり腰が痛くなり、湿布をして過ごしたが変化がなく、今ではじっとしているだけでも痛みが出る。
とりあえず腰の痛みを何とかしてほしい。とのことでした。
早速、お体の状態を確認させていただいたところ、
テストをしたところ、ヘルニア、坐骨神経痛の恐れはなく、
動作確認をすると、腰部の前後屈・回旋動作での可動域の減少。
また、座っていても痛みが出てくる。寝ていると少し楽になる。
特に激しい運動はしていないが、普段仕事は立ち仕事。
とのことでした。
そこで、骨盤のゆがみを確認したところ、右足が1.5cm以上短くなり、骨盤を強く突き上げた状態になっていることがわかりました。
ここから、骨盤が捻じれていることで、抗重力姿勢をとるだけでも、筋肉が強いストレスを受け、
反復的刺激により、痛みが出てきたもの・・・
と考えました。
そこで、なぜ骨盤のゆがみが出てきているか・・・
を知るためにさらに詳しくお話を聞いたところ、
「ここ2週間ほど膝が痛い」
との話が出てきました。
そこで、膝の捻じれを確認したところ、膝から下が外側へ強く捻じれていました。
特に右足の捻じれはひどく、これが骨盤の歪みの原因になっていると考えられました。
そこで、骨盤ば大きくゆがんでいるため、即効矯正を行い、
また、膝の捻じれをとったところ、
膝の痛みはほぼなくなり、さらに腰の痛みはなく動けるようになりました。
そこでテーピングをして膝の捻じれが出ないようにして、後日、痛みの変化を確認して治療していくことにしました。
今回は、患者様は「腰が痛い!」
と、ご来院いただきましたが、原因は「膝の捻じれ」にありました。
さらに言うと、「外足荷重」になっていることが大きな要因でした。
「腰が痛くてマッサージしてもらっても治らない。」
「いつもよくなってもすぐに戻る。」
「何日たっても痛みが治らない。」
などの痛みがある方は一度ご相談ください。
痛む場所がどこか、その原因はどこにあるのか、
根本原因の追究を行い、どうすれば治るのか、適切な対処をさせていただきます。
いつでもご連絡をお待ちしております!