PageTop
BLOGブログ

急な腰の痛み

[腰痛]

2016.7.23

40代男性の患者様です。
営業職をされており、移動が多く車にも乗られる方です。
ある日急に腰が痛くなり、動けなくなり、次の日に来院されました。
痛み自体は少し落ち着いており、なんとか自力で腰を曲げながら歩いて来られました。
治療後痛みはまだあるものの腰をのばし、スムーズに歩いて帰られるまで楽になってもらいました。
実際に診させて頂くと炎症反応が強く出ており、熱感腫脹がありました。
そこで、炎症を抑えるため、鍼治療をさせてもらいました。鍼治療後には大分身体が動かせるようになっており、腫脹していた部分はだいぶ落ち着いていました。
その後、腰部に対して矯正治療をさせてもらい、治療を終わらせてもらいました。
翌日来てもらうと歩き方が明らかに変わっており、本人にお伺いすると痛みも半分くらい取れたとのことです。
その後マッサージ治療を中心に3回来院頂き治療させてもらいました。
痛み自体はほとんどなくなり、治療は終わらせていただきました。
捻挫や挫傷など急性の痛みの際には必ず炎症反応が出ます。その一つが疼痛です。
この炎症をどれだけはやくとってあげるかで治るスピードが変わります。
痛みがでたらなるべくはやく処置していきましょう。
どんな処置をしたらいいかわからない方はお気軽にお電話ください。