PageTop
BLOGブログ

健康と運動の関係性

[運動習慣]

2018.4.10

4月にはいり、少しずつ春の陽気を感じるようになってまいりました。
新生活、新学期など環境や生活リズムが変わりやすい時期ですね。
睡眠・食事・運動 この三つは健康でいるには欠かせないものの代表です。
しっかり質のいい睡眠をとれていますか?
三食バランスのいい食事をとれていますか?
最近運動できていますか?
今日はその中でも運動がテーマです。
世の中は便利になって体を動かかす機会が減っていたり
多くの人が忙しくて運動が習慣化できないというのが現状です。
ヒトは体調を崩して一日寝ていたとすると、おおよそ0.2%の筋力が落ちると言われています。
筋力が落ちてしまうと生活機能低下(ロコモティブシンドローム)や心肺機能まで低下
疲れやすくなったり、肩こりの原因にもなります。
厚生労働省では日常生活の中で「今より10分多くからだを動かしましょう」という指針を
発表しています。一駅歩いてみたり家の掃除でも運動になります。
また息がはずむような運動を30分以上、週2回行うことも提唱されています。
ランニング、サッカー、テニスなどなんでもいいので楽しく継続して行えるスポーツを探してみてはいかがでしょうか。
ぷらす整骨院でも10周年イベントとして 『ヨガ』を行います。
ヨガとはサンスクリット語でつながりを意味しています。精神と身体のつながりを感じながら
身体の緊張をほぐして心の安定をはかります。
さらに
•肺活量と呼吸量の著しい増大
•体重減少と肥満解消
•ストレスに対する抵抗力増加
•コレステロールと血糖値の低下
•慢性的で再発を繰り返す腰痛の改善
など、たくさんのいい効果があります。
興味のあるかたはぷらす整骨院 都島本院 までご連絡お願いいたします。
一緒に健康になりましょう!