PageTop
BLOGブログ

手首のケガ、痛み

[手首の痛み]

2017.11.8

25歳の男性。1週間前、野球の試合中に転倒。手のひらをついて手首が反り返る様な動きが強制されてしまい、それをきっかけに右手の関節部に痛みが出た。
痛みは強かったが冷湿布をして様子をみていたところ、日によって痛みの変動があるもののなかなか経過が変わらなかったため、来所されたとのことでした。
初めはその話をお聞きし、骨折を可能性として疑いましたが手首周囲の腫れ、熱感等はみられず、特に骨の異常もみられませんでした。
さらに詳しく聞くと、手首の運動はそれほど問題はないが手をついて体を支えようとした時に一番痛みが強くなるとのことでした。
以上の所見から、右手首の関節、靭帯、またその周囲の筋肉に問題があると判断しました。
初回の治療で痛みの原因である筋肉の緩和、痛みの緩和を目的として鍼治療、そしてマッサージ治療を行い、手首の関節を安定させる目的でテーピング固定を行いました。
治療直後に痛みの軽減を感じていただいたため、同様の治療を3日間続けて行ったところ、痛みも無くなり期間短く治療を終えることが出来ました。
早い段階で治療を行えばそれだけ経過も良くなりますので、急な症状や原因不明の症状でお悩みの方はぜひご連絡ください!