PageTop
ぷらす鍼灸整骨院TOP
BLOGブログ

テープの力

[テーピング]

2016.12.24

多くの方が抱えている悩みの一つに腰の痛みがあげられます。
長時間の同姿勢からくるものや、使いすぎからくるものなどなど、その中で一つ紹介すると、立ち方からくる腰の痛みです。
人間は身体の外側の筋肉をよく使うことがあります。足の外側の筋肉が硬くなっていくと骨盤を広げる。負担の左右差が出ると右の骨盤が高くなり、座っていても身体が傾くなど骨盤の歪みを起こして腰を痛めてしまうことがあります。
こんな方はいませんか?靴の底が外側だけ削れる。足のだるさが取れない。昔足首の捻挫をしたことがある。足の小指にマメができる。こういう人は足の外側を使っている可能性があります。
ぷらす整骨院では、外側重心になっているものを治すテーピングがあります。テーピングをすることで内側の筋肉を使え、足の負担だけではなく、骨盤の安定まで行うことができます。骨盤の安定ができれば腰の痛みがおこることが無くなります。
もし気になる方がおられましたらお近くのぷらす整骨院にお越しください。