PageTop
BLOGブログ

テーピングの効果

[テーピング]

2016.7.22

皆さんテーピングってご存知でしょうか?
テーピングのイメージってどのようなものですか?
ボクサーやケガをした時にするものというのが多いと思います。
 
実は
それ以外にもあるんです。
それは、膝の痛み・腰の痛みの軽減、足が重くて上がらない、足が疲れる、つまずきetc…
痛みを取るため、または予防として使えます。
筋肉の補助をするためと言うのもありますが、巻くだけで絶大な効果を発揮してくれます。
 
テーピングをするとなぜ良いのか
それは
体重のかかり方が変わるからなんです。
 
痛みや体に何かしらの症状が出ている方でほとんどが外側荷重と言う状態なんです。
外側荷重とは
歩いたり・足踏みをした際、足の小指側に体重がかかることなんです。
この状態が続くと、足の付け根にある骨盤が倒れてしまいO脚のような状態を作ってしまい
足が上がりにくくなるのと、膝に大きく負担がかかったり・捻挫をしやすくなったり
もしくは、骨盤が倒れ腰に間接的な負担がかかり痛めてしまったりと
身体にとって悪いことしかないんです。
 
スポーツ選手の方で特に、野球・サッカー・陸上etc…
足で支えたり、力を入れたりするスポーツでは
 
外側荷重はパフォーマンスを落としてしまったり・ケガをする恐れがあるんです。
 
だからこそ、足元から身体を変えていく必要があるんです。
 
自分はどうなんだろうと思った方
靴をチェックしてみて下さい。
かかとの外側がすり減ってしまう方・・外側荷重になっているかも
 
しっかりと足元から身体を変えて、姿勢や歩きやすさ・本当の体重の位置を体験してみて下さい
今までの感覚が変わります‼
 
この夏、疲れない身体を作りましょう‼