PageTop
BLOGブログ

寝る時の姿勢!!その①

[正しい姿勢]

2017.11.9

皆様、睡眠はしっかりとれていますか?
睡眠は体にとって必要不可欠なものです。睡眠といっても時間や寝方も十分睡眠の質に関係してくるんですよ。
人によって寝方には癖があります。多くは、子供のころのしつけや習慣によるものが多く大人になってもその癖で寝てしまうことも少なくありません。体調の不具合も寝姿勢が決まる要因です。腰や膝に痛みがある方は無意識に体が楽な寝姿勢をとってしまうため、悪い癖が付きやすくなります。不自然に体が曲がった寝姿勢が癖になっている方は、体に負担が掛からない体勢へ少しずつ矯正していくことをおすすめです。
では、今回は、横向きで寝る時にメリットデメリットをお伝えします。
横向きは、舌が落ちないため無呼吸症候群の方、妊娠中の方、また、消化器系の不調を抱えている方は、右半身を下にすると腸の働きを助けることができます。貧血体質の方は、心臓がある左半身を下にすると全身の血液が心臓に戻りやすくなります。ただし、横向きでひじ枕をしたり、不自然に腕や脚を曲げたりしたまま寝続けると、血流が悪くなりしびれを引き起こします。また、寝返りが少ない方は、長時間左右どちらかに負担が掛かってしまうため、身体のゆがみや寝違えにつながる場合もあります。
ひとによっては、一日7~8時間睡眠をとる方もいます。よく寝ることが良い体を作る重要なものになります。また、第二弾も配信します。お楽しみに!!