PageTop
BLOGブログ

体重のかけ方で・・・

[正しい姿勢]

2017.4.24

最近、ぷらす鍼灸整骨院に来院される患者様に多く見られる原因の一つに外側荷重が見られます。
外側荷重って何?と思う方も多くおられると思いますが、外側荷重とは体重のかかり方が中心より外になってしまい、膝や腰などの特に外側につく筋肉に負担がかかってしまい痛みを引き起こす原因になってしまうものです。
みなさん、ご自身の靴のすり減り方を見てください。
かかとの部分の外側がすり減ってしまっている方。そう!あなたです!
外側荷重になってしまうと、本当はそんなに負担のかからない外側の筋肉に負担がかかってしまい腰痛などを引き起こしてしまうんです。
ぷらす鍼灸整骨院では、その筋肉を緩めることはもちろん、テーピングで本来の体重のかけ方の戻してあげるようにしていきます。初めて貼った方は、違和感があるかもしれませんが、それが本当の使い方で、間違った使い方に慣れてしまっていただけなのです。
体本来の使い方を取り戻して、痛みのない生活を送りましょう。