PageTop
BLOGブログ

身体の土台は大切です

[スポーツ障害]

2016.11.19

20代女性、右膝が痛いと来院されました。
入って来られた時から歩き方がぎこちなく、立っているのもしんどそうでした。
詳しくお話を聞いていくと昨晩から右膝内側に違和感はあったが痛みは無く、腫れや熱感もなかったそうです。ですが、朝起きると膝を曲げる事が出来ず起き上がるのもやっとだったそうです。椅子からの立ち上がり動作に一番痛みを感じていました。
お身体の状態を診させて頂くと、土台である骨盤に大きく歪みがありました。
骨盤が歪んでるとまず股関節が正常な位置ではなくなり、また筋肉は骨から骨に付くものなので股関節から膝にかけての筋肉が捻じれて痛みを出している状態でした。
治療内容としては歪みを取るために腰と骨盤を大きく動かす矯正、腰から足にかけての筋肉の緊張を取るためにトリガーポイントマッサージ治療を受けて頂きました。
 
治療後痛みは無かったが少し違和感が残る状態だったので、症状を完全に取りきる為次の日も続けて来て頂きました。
すると次の日笑顔で「痛くないねん!」と来院されました。もう一度お身体の状態を確認させて頂くと、筋緊張も和らいでいて動作時痛や違和感も無い状態でした。
このように膝の痛みで膝だけを治療するのではなく、土台である骨盤や元となる所をしっかりアプローチすると早く治るだけでなく痛みを繰り返さないお身体を作る事が出来ます。
 
お身体に不調を感じている方は一度ご相談下さい。