PageTop
BLOGブログ

歩行の重要性

[その他]

2016.3.26

歩く事はすべての運動動作の基本でありながら、現代人は人間としてのまともな歩行ができなくなっている人がどんどん増えています。
さらに、歩かずとも移動できる事が当たり前の世の中になっており、現代人はどんどん歩かなくなってきています。
また女性ではヒールをよく履かれる方もおられます。
このような様々な要因により、歩行の破綻、または足の構造異常などが起こると、身体に様々な障害をもたらします。
腰痛、肩こり、外反母趾、変形性膝関節症・股関節症、骨盤の歪み、O脚・X脚、自律神経障害、冷え性、むくみ…挙げだしたらキリがありません。
ですので、正しい歩き方を身につけることは、身体の様々な症状を治す上で非常に重要になってきます。
今回は歩行において重要な、足の「アーチ」についての内容です。
アーチには①内側縦アーチ、②外側縦アーチ、③横アーチがあります。
よく聞く『偏平足』とはこのアーチのへこみが減り平らになった状態です。
アーチの働きには、体重がかかった際に地面からの衝撃を吸収し、その衝撃をエネルギーとして蓄え利用することができます。
先ほども言いましたが、現代人は歩き方が悪い、もしくは歩かない、ヒールを履くなどにより、このアーチが潰れている方が多いです。
アーチを構成する筋肉にもかなり負担がかかっていることが多く、結果として、アーチの機能が十分に発揮できず、歩行時に地面からの衝撃を緩和・吸収できない、地面をしっかりと蹴り出す事ができないため、身体の至る所に負担がかかります。
そのような方に対して、当院ではアーチに関与する筋肉を治療するだけでなく、テーピング治療も行っています。
テーピングを足首に巻き、正しい重心軸を作り、アーチの機能をしっかりと引き出すのです。
テーピングを巻くだけで、足が軽くなる、腰痛がなくなるといったこともよくあります。
様々な症状は、身体全体のバランスの悪さが結果として現れているだけなのです。
ぷらす整骨院では、身体全体の治療を行っております。些細なことでも、気になる方は是非一度お越しください。