PageTop
BLOGブログ

お互いの良い所を

[その他]

2017.7.1

今回は75歳男性の症例について書きます。
元々デスクワークをされていたので、首を下に向けて過ごすことが多く肩こりが常にあった方です。
1年前に首の骨を手術された方で、左の指に痺れが出ており、それをかばって生活するため右手にも痛みを感じるようになった方です。
ベットから起きる際など、手をつくと痛むので、肘を使うようになったため、肘の周囲にも痛みを訴えておられました。
所見をとると、肩を水平に上げていく外転という動きで痛みがきつく、ほとんど肩があがらない状態でした。
病院のお薬で痛みは軽減していますが、効果が切れると痛みがきついという事がありました。
原因となる筋肉に対して手でほぐす治療と、身体の奥に筋肉の硬さがあったので、それを狙うための鍼治療を行いました。
すると、ゆっくりながらも痛みが出ていた外転の動きがかなり改善されました。
薬の効果で補えないとこを、人の手を使って治療することで補うことができます。
ただし、治療を継続して、動きを改善し除痛をして、日常生活の質をあげることが大切です。
西洋医学と東洋医学の良い所を組み合わせ、患者さんにより良くなってもらうことが出来ました。
 
ぷらす整骨院はいつでも患者様をお待ちしております。