PageTop
BLOGブログ

子供が急に・・・

[その他]

2017.1.17

30代半ばのお父さんが、泣いている2歳ぐらいの男の子を連れて来院されました。
お父さんにお話を聞いていると、耳鼻科に子供2人を連れて行き1人診てもらっている間、もう一人は勝手にどこか違う所に行っていたみたいです。
すると、その子が泣いて戻って来て全然泣き止まなくて、「どこか怪我でもしたのかと思いぷらすに来た」との事でした。
状態を診ていくと右手を動かそうとしません。
男の子は右肘の亜脱臼、わかりやすく言うと肘内障になっていました。
痛みもあり、ずっと泣きっぱなしでかわいそうだったのですぐに整復を行いました。
整復後はまだ興奮状態だったのですぐには泣き止まなかったんですが、しばらくすると痛みが無くなっている事に気づき、次第に泣き止み笑うようになりました。
その後、お父さんに注意点として①整復後は手を急に引っ張らない事②また泣き出したらすぐに連れてきてもらうことを伝え、お父さんと男の子は笑顔で帰られました。
次の日、状態確認の為に電話をかけると元気に遊んでいるとの事でした。
お子さんの手を急に引っ張ってしまうとすぐに肘は脱臼をしてしまいます。
でももし肘内障になってしまっても安心して下さい。
私たちがしっかりと整復します。
何かあれば電話でもかまいませんのでいつでも頼ってください。