PageTop
BLOGブログ

鍼灸の保険診療!

[鍼灸]

2017.7.26

こんにちは。ぷらす整骨院です。
今回お伝えしたいのは、鍼灸治療の保険診療についてです。
じつは鍼灸治療も神経痛や腰痛症など、いくつかの疾患で保険医の同意をいただくと、健康保険を使った診療が行えるのです。
 
そうすると、通常は自由診療となる鍼灸治療ですが、
保険証の負担割合に応じて窓口料金のご負担が軽くなります。
窓口でのご負担が軽くなると、鍼灸治療が効果的な患者さまにとっては治療を重ねやすく、集中した治療がしやすくなります。
 
最近では、こんなケースがありました。
5月に来院された患者さまが、肩を上げるとき、背中に腕を回す動き(腰や肩甲骨に手をまわす動作)に肩へ痛みを強く感じていました。
この患者さまの場合、治療の初期から鍼灸治療を保険診療にて行うことができたので、週に3~4回ほど通院することができました。
こうした肩の症状は一般的に約8カ月ほど痛みが続くと言われています。
ですが、この7月(約3ヵ月)で痛みがなくなり、肩の動かしも当初と比べ格段に良くなりました!
現在は多少動かしに左右差を感じる程度で、治療を継続中です。
 
皆さんも、痛みに悩みガマンする前に一度お身体を専門家に診てもらってはいかがでしょうか?