PageTop
BLOGブログ

顔にもお灸!?

[鍼灸]

2017.2.13

顔のお灸っていうと、あまりイメージがないかと思いますが、
顔にもお灸をすることがあります。
今回の患者様は、頭痛の患者様です。
日ごろからこめかみや後頭部の頭痛に悩まれていました。
最近は、冷え込みもキツく、寒いと人間は自然と体に力が入ってしまいます。
それは、顔も同じです。
冷えると歯を食いしばってしまったり、寝ている時でも知らない間に力が入ってしまったりしています。
そうすると、顎に力が入り、顎から頭の側頭部にかけてついている側頭筋という筋肉が
緊張してしまいます。
側頭筋が緊張し、血行不良になると、こめかみの頭痛を引き起こしてしまいます。
鍼やマッサージや矯正なども有効ですが、今回の患者様は冷えによる力みがひどく、
冷えの改善が最優先と判断しましたので、お灸での治療を行いました。
顔の周りの表情筋といわれる筋肉の緊張をとるために、顔周りのツボにお灸をしていきました。
冷えによる筋肉の緊張であるので、温めて筋肉の緊張をとってあげると、
リラックス効果にもなります。
お灸というと、熱い!火傷する!などのイメージもあるかと思いますが、
正しいやり方で、適切な刺激量で行うと、とても気持ちいいですし、効果があります。
ぜひ、お体にお悩みの方は、鍼灸師の先生に相談してみてください!