PageTop
BLOGブログ

こんなことにも鍼灸治療が!

[鍼灸]

2017.1.20

 
皆さま、鍼灸治療がどんなことに効果があるのかご存知でしょうか?
今までたくさんの投稿がありますが
今回ご紹介したいのは『青アザ』についてです。
日本の中でも言い方がたくさんあります!
『青タン』・『青血』・『青アザ』・『内出血』などなど。。。
この状態はなんらかの衝撃が身体加わったことにより、血管に傷が入り中の血液が
出てしまう状態の事です。
 
内出血が起こると体の中の細胞(白血球・血小板)が血管の傷の修復と止血をします。
通常であれば1週間から10日ほどで跡形もなくなりますが。。。
 
ここで鍼灸治療の出番です。
特にお灸が有効です。内出血ができている回りに施術することにより
内出血を治してくれている細胞(白血球・血小板)の働き・活動を活性化してくれるので
通常よりも早く治るのです。
そして細胞と血管が強くなるので次に出来てしまった内出血は自己治癒力が
高くなり丈夫になります!
 
もしケガをしてしまって内出血ができてしった場合には、鍼灸治療を受けてみてください!