PageTop
BLOGブログ

お灸の効能

[鍼灸]

2016.9.24

皆さん 今のお灸はどんな物か知っていますか?
まずお灸とは東洋医学の1つで温熱刺激によって皮膚の下にある筋肉や血管・リンパ節を刺激し、自然治癒力を高める治療と言われています。
現在は昔に使われていたモグサを燃やす物だけではなくシールで貼り火が自然に消えるお灸や火を使わないお灸・アロマの香りのするお灸とバリエーションも豊富です。
一般的にお灸と聞くと古臭い・おじいちゃん おばあちゃんがする物というイメージがありましたが、今はお灸女子と言われる若い女の子も愛用しているそうです!
では、お灸にはどんな症状に効果があるかいくつかご紹介します。
よく耳にするのが、頭痛・むくみ・節々の除痛・婦人科系疾患・不眠症ですね。
その他にも逆子・顔色のくすみを軽減・眼睛疲労・局所の充血や炎症を和らげるなどなど他にも沢山・・・。
そしてお灸は1つの症状に対して1箇所ではなく、3~4箇所の経穴に治療し週3~4回が好ましいです。
治療をするタイミングとしては、入浴後・飲酒後・発熱時以外です。
 
こんな症状にもお灸は効果があるの?!!というのが沢山あります。
皆さん気になった事は是非聞いて下さいね!