PageTop
BLOGブログ

五十肩

[四十肩・五十肩]

2018.1.27

こんにちわ!
今日は肩の痛みを訴えてこられた患者様の話です。
2日前から夜に寝れないくらいの痛みがでており、肩を動かすのが痛い。だらんと腕を垂らしている状態でも痛みがでている状態で、痛みはどんどんきつくなるとのことでした。
実際この方に関しては3回肩に対して矯正をしていくこと、筋肉の緊張がかなりきつかったため、鍼治療をさせてもらいました。
痛みに関しては施術後はすぐにとれましたが夜には戻ってきてしまう。それが2回続きました。
3回目、筋緊張も少し緩んできたため深層に対してしっかりと鍼刺激をいれました。するとその夜の痛みと安静時の痛みに関してはとれてきました!
現在3週間今もまだ痛みは残っている状態ですが、常に痛みであったり、夜起きてしまうほど痛みであったり、痛みがきつくて動かせなかったりといった症状はしっかりと改善しています。
強い痛みを訴えた部位は痛みが引くのに時間がかかります。それは筋組織が痛み、炎症が強く出ているからです。
ここをしっかりと改善するために、血液の循環をよくして炎症症状を1日でもはやく取り除く、そして痛みをとるためにとても大切です。
どこの痛みでも一緒なので、痛みがある場合はなるべくはやく近くの整骨院や、病院にご相談ください。