PageTop
BLOGブログ

しつこい痛み、シビレに困っている方へ

[痺れ]

2016.3.28

去年の冬頃に50代の男性の方で突然の首の痛みと腕の痺れで来院された患者さまがおられました。
その方は首を動かすととにかく痛くうつ伏せになると腕に痺れが出てしまい仰向けになるのも枕を高くしないと痺れが出てしまうという状態でした。
病院にも行かれており「頚椎の間が少し狭くなってる」と言われて痛みに対して「湿布を出されただけ」だとおっしゃってました。
腕の痺れが出る原因としては頚椎同士の関節が狭くなってしまい神経を圧迫したり、神経の通り道となる筋肉の緊張が神経を圧迫し痺れが出るなどの原因があります。
この方の場合は関節が狭くなっていることもありましたがとにかく筋肉の緊張が強すぎるため、そちらの方が原因が大きくなっていました。

そのため痛みのある部位を少し押さえるとそれだけで痛みと痺れが出てしまい、触ることができないのでまずは鍼をしましょうと説明を行い初めてでしたが鍼を受けていただきました。
鍼を受けてもらった後に触ると少しずつ痛みと痺れが残るものの「さっきと全然違うな」と驚かれていました。
その日は鍼の後に、筋肉の治療を受けて頂き帰宅されました。
その後、お仕事の多忙もあり来院が約2週間後になりました。
来院されてすぐに「あの後どうですか?」と伺った所あれから「めっちゃ楽!!」と言って頂き、枕も仏の高さで寝れるようになったと喜んでいただけました。
鍼の効果としては筋肉の緊張を緩めるのはもちろん自己治癒力を高めるという効果が主にはあります。
その他にも特に神経痛などが症状として出てしまっている方には鍼灸治療が有効になります。
この患者様のように、ぷらす整骨院には、いろいろな治療をしてきて、それでもなかなか良くならなかった方がたくさんいらっしゃっており、そして良くなっておられます。
ぷらす整骨院では、病院とは違ったアプローチで、症状の原因を治療する根本療法を行っております。
豊富な知識と確かな技術力で、しっかりとした治療をさせていただきますので、ぜひ一度ぷらす整骨院にお越しください。