PageTop
BLOGブログ

手のシビレ、諦めないで!

[痺れ]

2017.4.13

今回はシビレの症状をお持ちの患者様Aさんの紹介をします。
 
シビレは左手の手のひらから指にかけて感じており、6か月前からシビレの症状が出てきたとの事でした。
 
整骨院へ来るのは初めてとのことで最初は半信半疑、本当にシビレが治るのかという表情で来院されていました。
 
健康には気をつかい、ヨガを始めていたのですが、途中でシビレが出始めてヨガへ通うのは断念されていました。
 
シビレの症状が出やすいのは、特に重たい荷物を持ったときや、運転中にシビレを感じていました。
 
頸椎(首)の椎間板ヘニルアもあり、普段から肩の筋肉のハリ感も強く、首肩周りの症状にも悩まされていました。
 
まずお体の状態を診ると、肩の内側への巻き込みが強く猫背になっていました。
 
肩の巻き込みが強いので、胸の筋肉から腕の筋肉にかけての緊張も強く出ていました。
 
ボキボキ音が鳴る矯正は苦手とのことだったので、まずはマッサージ治療から始めて筋肉の緊張を取っていくことから始めました。
 
肩周りから腕にかけて筋肉を緩めるだけでもシビレは改善されました。
 
ボキボキしないソフトな首の矯正もあるため、優しい矯正も行いつつ、治療を進めていきました。
 
シビレの原因としては、姿勢不良(猫背)によって胸の筋肉の部分で腕に繋がる神経が圧迫されていることがシビレを生じていました。
 
よって、胸の筋肉の緊張を取るためのストレッチを指導したり、マッサージ治療を続けることでシビレは徐々に改善されていき、三か月後にはシビレは完全になくなっていました。
 
今では重たい荷物を持ったり運転してもシビレを感じないため、週に一回程度のメンテナンスで通われています。
 
初めは半信半疑だったAさんですが、今ではぷらす整骨院を気に入って下さり、寝違えたり腰の痛みが出てきたりすれば必ず治療を受けるようにされています。
 
患者さんの中には痛みやシビレに苦しむ方が多いのですが、症状が出たら早期に治療を開始するのが完治への近道です。
 
また、症状が出始めてからでは治るのに時間がかかるため、常日頃から体のことを気遣い、整骨院で体を診てもらっていると治りも早くなるので、少しでも多くの方が辛い痛み・シビレから自由になれることを願っています。
 
最後まで読んで頂きありがとうございました。
施術者一同、皆さんのご来院をお待ちしております。
お体のことなら何でも相談してください。