PageTop
BLOGブログ

お子様連れ大歓迎!

[産後の悩み]

2016.7.6

6月の後半、生後2か月のお子様と一緒に20代の主婦の方が来院していただきました
院に入って来られた時は足を少し引きずるような歩き方で、すぐに足腰を痛めているのかなと予想がつくほどでした。
くわしくお話を聞くと、お子様を抱きかかえようとした際に踏ん張り、左の股関節付近を痛めてしまったとのことでした。
早速、お身体の状態を診させていただくと、骨盤が捻じれており、足が外にひろがっており(がに股)、下半身の捻じれがある状態であり、立ち上がりや踏み込み時の踏ん張り動作で痛みが出て、しゃがんだ際に、股関節が大きく曲げられると痛みが強くなるという状態でした。
この場合、股関節の痛みを取り除くためには下肢(股関節・膝関節・足関節)の捻じれをとり、その上で捻じれが戻らないように膝・足首にテーピングを巻くことで、治療後は痛みも治まり足取り軽く帰っていただきました。
現在は、痛みはないものの、骨盤の捻じれが気になるため、骨盤矯正をしながら、再度捻じれが出ない身体をつくる為、お身体のメンテナンスをしています。
その主婦の方は「お子様が一緒でも整骨院に行ってよいのか?」
という不安が大きかったみたいですが、他にお子様連れの患者様を見かけたこともあり、とてもご安心しておられました。
改善しない痛みには原因があります。丁寧に状態確認し、治療をすればしっかりと治っていきます。
また、お子様と一緒で、騒いだら悪いから整骨院へ行くのは悪い。そう考えておられる方、ぷらす整骨院グループは全院お子様大歓迎です!
気兼ねなく一緒に来院して下さい。