PageTop
BLOGブログ

産後の腱鞘炎

[産後の悩み]

2018.2.5

産後のママには、赤ちゃんのお世話や体の変化の影響で様々なトラブルが起こります。
特に多いのが、腱鞘炎による手首の痛みです。
初めて出産したママによく見られ、なかには赤ちゃんを抱っこできないほどの痛みを感じることもあります。
腱鞘炎は、手首にある腱の周囲を覆う「腱鞘」という部位が炎症を起こした状態をいいます。
腱鞘炎は、手首の酷使が原因で発症します。そのため、長時間パソコンを操作している人や、重いものを手首で支えるような仕事をしている人がなりやすい傾向にあります。
また、筋力に対して過度な力がかかってしまうと腱鞘炎になりやすいため、筋力の少ない女性ほど発症しやすいものです。
産後のママが腱鞘炎になりやすい理由は、赤ちゃんのお世話による手首の酷使です。
ママは毎日、赤ちゃんを長い時間抱っこしていますよね。また、生後2ヶ月頃まで、授乳は1日に10回を超えるほど。最初は赤ちゃんも上手におっぱいが飲めず、1回あたりの時間が長くかかってしまうことも多いかもしれません。
さらに初めての出産の場合、ママが赤ちゃんを抱っこすること自体に慣れていないため、落とさないようにと無意識に力が入ってしまいます。この緊張によって、手首を余計に酷使してしまうのです。
抱っこ以外に、毎日のおむつ交換や沐浴なども、手首への大きな負担になります。
また最近の研究では、高齢出産の初産婦さんが腱鞘炎になりやすい傾向にあるということがわかってきました。
産後に腱鞘炎になってしまうと、何をするにも手首が痛く、生活に支障が出てしまいます。痛みを我慢しながら育児をするにも限界があり、放っておくと赤ちゃんを抱っこしてあげられないほどつらくなってしまいます。
腱鞘炎と思われる手首の痛みを感じたら、早めに当院へお越しください。
心よりお待ちしております。