PageTop
ぷらす鍼灸整骨院TOP
BLOGブログ

肋間神経痛の治療法!

[肋間神経痛]

2016.3.2

40代の女性の患者様です。
ご友人が肋間神経痛が出た時に通院していただいて、治った経験があり、ご紹介していただきました。
 
1週間ほど、背部から胸腹部の肋骨に沿って痛みがあり、咳やくしゃみ、深呼吸で、痛みが出ている。時々楽になることがあるが、しばらくするとまた痛みが再発する。
デスクワークをしているのだが、椅子に座って作業していたりして頭を動かした時に強く痛み、仕事にも支障が出るため、ご通院いただいたとのことでした。
 
実際にお体の状態を確認したところ、首を動かすだけで痛みが走り、身体をひねるのも困難で、とてもつらい表情をしていました。
状態を診させていただいたところ、姿勢も悪く、常に背部は緊張した状態。触るだけでも痛みが出るため、鍼灸治療を受けていただきました。
鍼灸の刺激により、背部の筋の緊張を緩め神経への刺激を減らすことで、その場で深呼吸が楽になりました。また、体温を高め、免疫を高めることで、より一層の回復を図れるようにしておきました。
その結果、、、たった3回の治療で痛みが消えました!
その患者様も、「こんなにすぐ治るならもっと早く来ればよかった。」
そう言っていただけました。
 
今回は姿勢不良が原因で常に筋に緊張が入り、それが肋間神経を圧迫をすることで痛みが出ていたため、とても短期間での治療を終了することができました。
肋間神経痛と言っても色々な原因があります。(変形性脊椎症、帯状疱疹(ヘルペス)、胸膜炎、がん、肋間神経周囲の筋の過緊張など)
各諸症状を見極め、原因に合わせた治療が必要です。
背中の痛みをインターネットで調べてもよくわからず、不安に感じる方も多くおられます。迷ったとき、わからない時には、ぜひ一度ご相談ください。
適切な知識、技術をもとに、最善の治療をさせていただきます。
いつでもご相談をお待ちしております!

関連記事

    関連記事はありませんでした。