PageTop
BLOGブログ

寝違えとは

[寝違え]

2018.3.23

こんにちわ!
少しずつ暖かくなっていき春のにおいがしますね。
さて、少し前にお伝えした睡眠の質に関係ある
寝違えについてお話しますね。
まず寝違えは、なぜ起きるのでしょうか。
・睡眠時の姿勢が問題で、首の関節や筋肉に負担がかかっている場合
・慢性的な肩こりやリウマチが原因の場合
・横向きで寝る場合に枕と肩の高さが合わない場合
・冷えや内臓の疲れが原因で負担掛かっている場合
・寝返りが少ない場合
これらが原因で寝違えは起こります。
まず予防としては、寝違えを起こさないような身体づくりが
大切です。その中でも矯正や筋緊張の緩和が一番効果的です。
次に寝違えになった場合の対処法としては、とにかくその部位を
冷やす事や湿布でも効果あります。
また、寝違えに効果のあるツボを刺激するのも一つの方法です。
落枕(らくちん)というツボで、手の甲の人差し指と中指の骨が交差する
手前のくぼみにあります。左右の手両方を1回10秒間3セット押すと効
果があると言われています。
因みに、落枕(らくちん)は中国語で寝違えを意味します。
では、反対にやってはいけない対処法とはなんでしょう?
それは、首を温める・首や肩のマッサージ・首のストレッチです。
これらをしてしまうと炎症を悪化させてしまったり、
血行を良くすることで痛みを広げてしまいます。
こういった症状が悪化してしまった、なかなか痛みがひかない
頻繁に寝違えをするなどが当てはまる方はいつでも
ぷらす整骨院にご相談ください。
一緒に寝違えと向き合っていきましょう。