PageTop
BLOGブログ

50代男性~寝違え~

[寝違え]

2017.7.8

こんにちは!ぷらす整骨院です!
先日、寝違えによる頚(首)の痛みで50代の男性がご来院されました。
来院当初は左は向けるけど右は全く向けないという状態でした。
触って調べようとすると、触れるだけで痛いと言われていました。
熱感も圧痛もひどい状態でしたので、まずはアイシングを行い、周辺筋肉を軽く緩める治療と自宅でのセルフケアの指導を行いました。
2回目の来院時、初回の治療と自宅でのセルフケアにより症状が軽くなったということだったので、前回よりしっかりとした筋肉治療を施しました。それと同時に鍼治療も受けて頂きました。
最初は少し苦手と言われていましたが、必要性と刺激量の調整ができることを伝えると快く受けて頂けました。
筋肉治療と同時に鍼治療も受けて頂いたことで3回目の来院時には右向きも痛み無く正常な動きでした。
患者様からも鍼を受けて良かったと言って頂きました。
今回の患者様の場合、痛みの度合いが強すぎるため深くまで筋肉治療を施せないという状況でした。
しかし、深いところまで刺激を入れて筋緊張を取り除かなければならない状態でしたので、鍼治療を勧めました。
鍼治療は筋肉治療よりも深いところまで刺激をいれれるので、奥からしっかりと筋肉を緩めることができます。
刺激の強さや深さも調整できるため、苦手と言われている方でも実際受けてもらうと、大したことなかったと言われる方がほとんどです。
鍼治療には即効性もありますので、寝違えや筋違いの様な耐え難い痛みなどで困った時にはいつでもお待ちしております。