PageTop
BLOGブログ

寝返り

[寝違え]

2017.5.11

寝て起きたら腰が痛い、首が痛いという経験がある方は多いんではないでしょうか。
それは寝ているときの血流の悪さが原因になっているかもしれません。
血流が悪いと筋肉は硬くなってしまうので痛みに直結します。
人の身体は血液が流れる際には「動く」ことが必要になります。
動くことより、筋肉をポンプの役割とし血流がまわります。だからこそ、その役割が大きいふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれています。
寝ている際も一緒ですが、寝ているときの「動く」というのは「寝返り」のことをさします。
ですから、「寝返り」をうちやすい身体をつくること、「寝返り」をうちやすい寝具を使うことが痛みを引かすことにつながります。
歪みがあると、身体のバランスが悪くなるため、「寝返り」の動作がしにくくなるので歪みの改善が必須になります。
そうすることで、痛みが取れるだけでなく、疲れがしっかりと取れる身体にもなります。
痛みのでない身体を作っていきましょう。