PageTop
ぷらす鍼灸整骨院TOP
BLOGブログ

捻挫!

[捻挫]

2016.5.20

20代女性
階段にて転倒。
日曜日だったため、来院はできなかったですが、
帰宅後とにかく冷やしてくれていました。
しかし、翌朝足首がパンパンに腫れ歩行困難な状態は続いていました。
状態を診ていくと、熱感・腫れもあり、ヒビく感じがするということだったので
一度病院受診を勧めレントゲンを撮ってきてもらいました。
そこではレントゲンでは分からない部分の骨折・脱臼の可能性があるということで
急遽CTを撮ることになりました。
結果は、骨折も脱臼もなく捻挫という判断でした。
痛みをかばって歩くため、足の筋肉がカチカチになっていたので
鍼灸治療とアイシングを継続して行いました。
はじめの三日間は腫れもあり、歩行困難が続きましたが、
四日目に足を中心に除痛目的でEMSを行いました。
その後、足を少しずつ床につけるようになり、
一週間後には腫れも完全に引き痛みもほとんどなくなり、
今まで通りの生活ができるようになったと喜んでいただきました。
急性症状の場合初期処置が大切になります!
その中でもRICE処置と呼ばれる四項目が大切です。
R:Rest(安静) I:Ice(冷却)C:Compression(圧迫) E:Elevation(挙上)です。
受傷後の回復を早めるのに腫れや炎症を抑えることが重要になります。腫れは治癒の初期の過程で必要なものですが、それが大きくなりすぎると逆に治癒を遅らすことになるので、必要最低限にコントロールすることが重要になります。
部位により異なりますが、15分~20分(RICE処置)が目安になります。そして、40分~60分(RICE処置)の間隔を開けた後にRICE処置を再び行います。症状によりますが受傷後24~72時間はこのサイクルを繰り返します。
こんな症状でも行ってもいいのかな?
と不安になることもあると思いますが、まずその一歩を踏み出しましょう!
その勇気で未来が変わります!
いつでもお待ちしております。