PageTop
BLOGブログ

夏に増加する冷房病(クーラー病)

[夏バテ]

2018.5.25

みなさん、こんにちは!
最近暑くなっていますが、冷房の効いた部屋でずっといたりしていませんか?
今からの時期に出でくる冷房病(クーラー病)についてお話したいと思います。
クーラー病(冷房病)とは部屋の中と外との温度差が大きな長時間冷房の効いた部屋にいることで、自立神経が崩れることで生じる症状のことをいいます。
例えば、こんな自覚症状がある時は要注意です。

    

  • ・カラダがだるい
  • 

  • ・頭痛
  • 

  • ・腰痛
  • 

  • ・肩こり
  • 

  • ・手足の冷え
  • 

  • ・しびれ
  • 

  • ・胃腸の調子が悪い(食欲不振、下痢)

人の体は冷やして良いことは基本的にはありません。
冷えれば血流が悪くなり、腰痛、肩こり、しびれ、足がつる、下痢、腹痛など様々な症状を招きます。
暑いからといって体を冷やし過ぎないよう注意が必要ですが、かといって冷房なしでこの猛暑を乗り切れるわけもありませんよね。
冷房を使っている時の注意
・暑さで途中で起きて睡眠不足になるより、設定温度を高め(28度~29度)に設定し、朝までエアコンをかけて寝ること。乾燥しないようにコップ1杯の水をのむことをおすすめです。
エアコンが苦手な方は、扇風機や自然の風をうまく利用する。
コツは、扇風機は枕元より、発熱量の大きい足元に置いたほうが体温を効率よく下げることができます。
・改善策として
自律神経の乱れ、筋肉の硬直、血液循環の悪さからくるクーラー病には鍼治療が効果的です。
また、固まった筋肉や血液循環をうながすには、マッサージや灸を併用することをお勧めします。
その方の体質、筋肉の状況、症状の出方、生活環境などによって根本原因が異なります。
ぜひ鍼灸師の先生に相談してみてください。