PageTop
BLOGブログ

食事で治す、夏バテ

[夏バテ]

2018.5.22

段々と暑さ、湿気が高くなる季節になってきました。
ジメジメ、ムシムシの季節になってくると夏バテが気になりますよね。
夏バテの対策として、食事・睡眠・運動がありますが、今回は食事の話をしていきます。
夏になると、汗、紫外線など、多くの刺激に身体は晒されるます。そうなると、身体は交感神経が優位になります。
そうなると、常に身体は起きている状態になりますので疲れてやすくなります。
それと、暑くなると冷たい飲み物を多く飲むと思います。飲み過ぎてしまうと胃腸の調子が悪くなり消化吸収ができにくくなり、食欲不振になります。
身体が疲れていても、胃腸の調子が悪いと栄養の吸収が悪くなるので疲れが残ったままになります。
この症状をとるためには①胃腸の調子をもとに戻す。②自律神経の乱れをもとに戻す。③ビタミンB1・A、クエン酸をとる。があります。
①先ずは、冷たいものを飲み過ぎない。夏野菜、特にキュウリ・スイカには身体の熱を冷ます効果があるので、身体が冷え過ぎることがなくなります。それと、ナス・カボチャ胃腸の調子を整える効果があるのでより胃腸の調子が良くなります。
②交感神経が優位になっていますから、副交感神経を活発にしていきます。実はハーブや香りの強いものには副交感神経を活発にさせる効果があります。特にミントティーは夏にとても飲みやすいと思います。大葉やミョウガにも同じ効果があるのでぜひ活用してみてください。
③ビタミンB1・Aはウナギ、豚肉が豊富に含まれています。それを考えると土用の丑の日は理にかなっているいるんですね。クエン酸に関しては梅干しがベストです。食欲が落ちているときに爽やかな酸味は食欲不振の改善になります。
自己治癒力を高めて、夏バテに負けない身体を作りましょう!