PageTop
BLOGブログ

首の負担ってどのくらい?

[首の痛み]

2017.10.9

皆さんの欠かせないアイテム、スマートフォン。
片手に持ち、うつむく姿勢で操作していますよね?しかも気づいたら2時間、、3時間、、もしかしたらずっと持っていることにもきずいていないかも、、
この長時間、反復的に行われることによって首の痛みや頭痛などさまざまな症状が引き起こされます。
さて実際にどれくらいの負担がかかっているのか?
頭の重さは体重の約10%と言われています。体重が50㎏の人は約5㎏になります。成人で約5㎏が平均とされているのでここでは5㎏の場合で考えましょう。さあ、その重たい頭を首はどう支えているのか?
ちなみに・・・ 5㎏= ボーリング11ポンド もしくは 500ml×10本
肩と耳の高さが一直線上を0°とする
0度:5㎏ 15度:12㎏(約2倍) 30度:18㎏(約3,5倍) 45度:22㎏(約4.5倍) 60度:27㎏(約5.5倍)

負荷のかかった頭を支えるために首の筋肉はこれだけの過剰な負荷がかかっているのです。60度においては、8歳の子供の平均体重に等しくなります。しかも長時間・・
さらによく観察してみると頭が落ちるほどバランスを保つために背中が後ろへ丸まっていくのです。これで猫背の完成です。そして骨盤は前へ。
是非みなさん、これを読んでから想像しながら生活してみてください。意識が変わるはずです。