PageTop
BLOGブログ

長期休暇、怪我をしたり、事故には合いませんでしたか?

[交通事故治療]

2017.5.10

先日、交通事故の患者様が来られました。
年度末の旅行で交通事故にあい、そこから整形外科での治療を受けていたが、牽引中心の治療で、右腕のしびれが取れないため、ご通院いただきました。
詳しくお話を聞くと、
年度末に卒業旅行でドライブをしていたところ、後ろから車にぶつかられ、
首にむち打ちの症状が出て、今現在も、首の痛み、腕のシビレが出ているとのことでした。
早速お体の状態を確認させていただいたところ、
常に頚部~肩~腕~指先への筋緊張が強い状態で、首は軽く触っても痛く、頚椎を軽く圧迫してテストをしたところ、腕へのしびれが強くなりました。
お医者様より、首への負担を描けないように言われているため、負担の少ない首の矯正を行いました。
そののち、頚部から腕・腰の筋肉の緊張をとりました。
そうしたところ、「この矯正なら音が鳴らず怖くない。」と、お声をいただきました。
交通事故で痛め、出てきた諸症状ですが、施術後には、「少し楽になった」と、お声をいただきました。
まだ数回の施術を行ったところですが、治療を積み上げることで、少しずつ改善していっています。
このまま、事故の後遺症が残らないようにしていくように施術中です。
GWなどの、長期休暇の時には交通事故が頻発します。
また、普段と異なる日常生活を送るため、普段は出ない痛みが出る事があります。
重篤な症状の場合は、『その時にしかできない治療』があります。
特に神経症状が出ている場合は『事故後の半年間』が重要でそれを超えたら治る可能性が激減します。
ぷらす整骨院では、一般的な病院よりも遅くまで開けており、今回の患者様のように、病院は閉まっているけど治療を受けたいしたい。もっと体をよくしたい!リハビリをしたい!といったご要望にお応えします!
「交通事故後どうしたらいいかわからない!」
「長期休暇の後は体に痛みが出る。」
「疲れが取れない」
という方は、ぜひぷらす整骨院にいらして下さい。