PageTop
BLOGブログ

交通事故後の治療って?

[交通事故治療]

2016.11.9

11月の上旬に、交通事故の患者様が来られました。
2か月ほど前に交通事故にあい、そこから整形外科での治療を受けていたが、リハビリをする段になり、仕事が終わるのが遅く、病院も整骨院も開いていない。
そこで都島駅近く、21時まで受け付けているせぶんへご通院いただきました。
詳しくお話を聞くと、
交通事故で首にむち打ちの症状が出て、今現在も、首の痛み、腕のシビレが出ており、また、腰もひねり痛むとのことでした。
早速お体の状態を確認させていただいたところ、
常に頚部~肩~腕~指先への筋緊張が強い状態で、首は軽く触っても痛く、腰も動作時に強い痛みが出る状態でした。
今回、大きく骨の動く矯正は首への負担が怖いとのことでしたので、音のならず、負担の少ない首の矯正を行いました。
そののち、頚部から腕・腰の筋肉の緊張をとりました。
そうしたところ、「この矯正ならボキッとならず怖くない。」と、お声をいただきました。
交通事故で痛め、出てきた諸症状ですが、施術後には、「少し楽になった」と、お声をいただきました。
また、今後は鍼灸治療を絡めて少しでも早く症状が治るようにしていきます。
まだ数回の施術を行ったところで、シビレも痛みも治りきってはいませんが、治療を積み上げ、少しずつ改善していき、事故の後遺症が残らないようにしていきます。
交通事故後、病院へはいくが、少しましになると治療より仕事やプライベートを優先する。忙しくてあまり通院できない。夜遅くて開いていない。そのような中途半端に治療を終えると、冷えた時、年齢を重ねた時に各症状が再発してくることが多くあります。そうならないためにも、事故後の治療が重要となります。
もちろん公私の出来事も重要ですが、事故後はその時にしかできない治療があります。特に神経症状が出ている場合は『事故後の半年間』が重要でそれを超えたら治る可能性が激減します。
ぷらす整骨院では、一般的な病院よりも遅くまで開けており、今回の患者様のように、病院は閉まっているけど治療を受けたいしたい。もっと体をよくしたい!リハビリをしたい!といったご要望にお応えします!
「交通事故後どうしたらいいかわからない!」という方は、ぜひぷらす整骨院にいらして下さい。