PageTop
BLOGブログ

脊骨と骨盤の役割

[骨盤の歪み]

2016.3.10

脊骨は、家の大黒柱に例えられることができ、健康を支える重要な働きをしています。
どんな立派な家でも、大黒柱がゆがむと家全体が傾き、やがて崩れ落ちていくと言われています。それと同様に、本来まっすぐであるべき脊骨が左右どちらかにズレたり、ゆがんだりすると、全身の骨格や筋肉のバランスが崩れていきます。そのため健康を維持するためには、脊骨がいつも正しい位置にあることがとても大事になってくるのです。また脊骨と同じくらい大事な働きをしているのが骨盤です。脊骨を体の縦方向の中心とすれば、骨盤は横方向の中心ということができます。
脊骨と骨盤が正しい位置にしっかりと安定していると姿勢も良くなり、内臓もきちんと正しい位置に落ち着き、臓器がそれぞれの機能を100%発揮して、健康を維持することができるんです。健康な人は背筋がピンと伸びて、足腰もしっかりした印象を与えますよね。それとは反対にに体調を崩している人は、背中が丸くなり、腰のあたりも不安定な感じがして、どことなくバランスが崩れている感じがします。
健康だから背中が伸びているのか、不健康だから背中が曲がっているのか・・・。脊骨がまっすぐだから健康でいられるのか、あるいは脊骨がズレてるから病気になるのか・・・。どちらが原因で、どちらが結果とは簡単に言えませんが、脊骨と骨盤が正しい位置にあれば健康でいられるということが理解できると思います。
不良姿勢は肩こりや腰痛といった身体のトラブルを引き起こす原因の一つとして認識されていますが、身体面だけでなく、精神面にも悪影響を及ぼす可能性があることが示唆されています。例えば、前向きな考え方を持ち気分が高揚している時には背筋がシャキっと伸びていることが多く、失敗したり失意にある時には、頭を抱えるように背中が丸くなり肩が落ちた状態にあることが多いように思います。 そのため常に前向きに明るく元気よく生活するためには出来る限り理想的な姿勢を維持するように心がける必要があるのです。
より健康になりたい、もっと元気にスポーツをしたい、集中して仕事をしたいと思っている方は、一度姿勢から改善してみてはいかがでしょうか?ぷらす整骨院では姿勢に着目し、痛みや違和感を作り出している『骨格のゆがみ』を矯正治療にて改善していきます。